こんばんは、たかはしです。

今現在3:30です。

 

今日は色々あって、例の手法に関する記事を削除する結果になってしまいましたので、考えに考え抜いてこんな時間になってしまいました。

どう考えても例の手法ってのは比較的ローリスクで安定収入に繋げやすいので、他の方法を模索していました。

 

とりあえず下記に順を追ってまとめていきます。

※この記事は削除してしまった記事に書いてある例の手法に関する情報を知っている方向けに、書いております。

 

例の手法

海外FXを業者のキャッシュバック制度を利用して、月間1,000回程度のトレードを行いまとまったキャッシュバックを得る方法です。

トレードはEA(シストレ)を使うトレードにして極力損失を抑えて口座の残高を維持しながらトレードを続ける様なEAです。

実現自体かなり難しいのですが、現在EAを開発中です。

 

XMパートナーの規約に違反

例の手法はいわゆる自己アフィリエイト(自分で自分にアフィリエイト報酬を発生させる)に該当するらしく、XMパートナーでは規約で禁止されています。

そんな方法を大々的にブログで紹介してはダメだと、記事の削除要請がを受けたので該当する記事全てを削除させて頂きました。

要するに規約違反になる手法は使えないって事です。

 

なぜXMパートナーを利用しようとしたか

XMは海外FX業者の中では優良業者で、僕自身納得して使い続けている業者なので安心して使えるからなんです。

そして、キャッシュバックの仕組みがXMにはあるので、コレを使うしか無い!って事で例の手法を思いついた訳なんです。

なにより僕自身が納得して使い続けているので根拠があるからなんですが、僕の中でFX=XMという図式が出来上がっていました。

 

例の手法を実現させる手段



FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)を利用します。

僕が例の手法でやろうとしていた事を実現するためだけに存在するサイト様です。

昔はキャッシュバックなんて要らないよ!って思っていたので記憶の片隅に消えかけていたんですが、今はキャッシュバックが肝心なので、必要不可欠です。

もちろん自己アフィリエイトではないし、純粋に短期売買によるキャッシュバックを受け取るのが目的なので問題はないかと思います。

※規約を確認しておきたいのですが、現段階で規約自体HPになかったので、後日問い合わせて必ず確認します。

 

報酬の発生条件もこんな感じになっているので自己アフィリエイトではありません。

money_flow_06
FX業者から報酬を受け取るのが「ユーザー」ならば自己アフィリエイトになってしまいますが、この図では「FinalCashBack」から報酬を受け取る構図になるので問題はありません。

というより、FinalCashBackはユーザーがキャッシュバックを受け取れるためのサイトなのです。

 

肝心のキャッシュバック額

本手法の要であるキャッシュバック金額はどうなのかも検証してみました。

コレも結論から先にかくと問題ありません。

というよりも、XMパートナーよりも報酬額が多いです。

スクリーンショット 2015-10-01 4.21.38
報酬額の見方ですが、各業者によって表記がバラバラですので説明しておきます。

銀行振込とPayPalによる受取方法があり、キャッシュバックは日本円で受け取れます。

リベート率が1pipの場合: 1往復取引につき1pipのキャッシュバック
リベート率が$1の場合: 10万通貨取引につき$1のキャッシュバック
リベート率が1円の場合: 条件を満たした際、一度だけ1円のキャッシュバック

FXDDは0.75pipとなっているので、1万通貨の取引で1ドル120円×0.75=90円となり、1,000回で90,000円です。

IFCは5$となっているので、1万通貨の取引で1ドル120円×0.5=60円となり、1,000回で60,000です。

eToroは5,000円となっていますが、コレはトレードによる報酬ではありませんので、説目は割愛します。

FxProは30%となっていますが、説明がないのでとりあえず割愛します。


FXDDのシミュレーション
FXDDのシミュレーション1

スクリーンショット 2015-10-01 4.58.42
FXDDのシミュレーション2
ということで、FXDDが有力候補であることは間違いなさそうですが、じっくりと検討しておきます。

もちろんトレードによる制限(超短期売買はキャッシュバック対象外)はありますので、全てのトレードにおいてキャッシュバックを得られる訳ではありませんが、いい条件でキャッシュバックトレードができそうでワクワクしてきました。

 

EA開発は引き続き再開

と、まぁ色々あって一時はどうなる事かと思いましたが、なんとかなりそうで一安心です。

 

しかし、規約などの諸条件はまだ確認できていないので気は抜けません。

こんな時間まで起きて調べたり考えたりしていて良かったですw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で