国内業者と海外業者


国内業者とか海外業者に拘っている人が多いですが、FXはどの業者を使うと有利とかそういう話では無く、純粋に個人のレベルに応じて損益が変動する仕組みなんです。

国内だから勝てるとか、海外だから負けたとか関係なく、その逆も然りです。

僕は海外業者推奨組ですが、国内業者のスプレッドの狭さは良いなと思います。

でも、急変動時の追証リスクも馬鹿らしいですし、レバレッジも低いから証拠金も高い。

まとまった枚数で取引するにはそれなりの金額を入金しておかないとまともに遊べません。

低レバレッジが甘えとなり、損切りラインをズルズルと変えたりすることもあるでしょうし、

と言うこともあり、少額からでも入金額以上のリスクを抱えない海外業者を推奨している次第であります(`・ω・´)

FXは技術とメンタルが重要で業者は関係ない


FXの基本として、安いときに買い、高いときに売るのが鉄則です。

安いときに買うのはとても勇気が要りますが、チキンレースで伸びしろの少ない方向に注文を入れるのも怖いです。

この辺の判断は経験が物を言いますが、基本的にはメンタルの強さで決まってきます。

時として予想が外れて損切りする事もあるでしょうが、その辺は個人のスキルで損失を抑えて利益を伸ばせるかが腕の見せ所であります。

業者によって値動きが大きく違うこともないし、全業者共通で同じ動きをするので、業者間による損益具合はスプレッド程度に限定されるわけです。

1PIPS抜きトレードをしている人にとってはスプレッドはとても重要ですが、1PIPS抜きなんてリスクに応じたリターンが低すぎるので、僕はそういうトレードはする気が起きません。

トレンドにしっかり乗る技術も重要だし、レンジ相場での逆張りも技術です。

損切りも技術だし、利益確定も技術です。

この技術は個人スキルでありますので、業者によって対した差はありません。

あるとすれば、約定時のスリッページくらいですかね?

指標時はどの業者も多少滑るでしょうが、そもそも指標時はトレードを避けた方が無難だし、通常時でも滑りまくる業者はちょっと調べれば直ぐに洗い出せますよね。

よって、どの業者を使っても勝てる人は勝てるし、負ける人は負けるようになっているのです。

結論として好きな業者を使えば良い


1PIPS抜きでしっかり利益を残せるのならば、選択肢は国内業者しかありません。

ハイレバでトレードをしたいのなら、海外業者となります。

入金以上のリスクを背負いたくないのであれば、追証のない海外業者が安全です。

先日起きた地震のように突発的に相場は急変動し、国内業者は追証の嵐が起きる可能性を秘めています。

感覚的に1年に1回くらい追証クラスのイベントが起きているように思えます。

その時に借金を背負う覚悟が無ければ海外業者を使っていた方が安心だと僕は思っています。

10PIPS取るためのトレードを考えて、どの業者が自分にとってコストパフォーマンスが良いか?

ハイレバだと証拠金が安いので、5万円でもしっかりトレード出来ますし、日利5千円を10日で5万円です。

結果、どの業者で取引をするのかは、その人の資金力とトレードスタイルによって使い分ければ良いと思っています。

今の時代、海外業者でも日本語が通じますし、入出金も問題無く行えます。

トレードをするだけで考えれば国内業者とほとんど遜色ありません。

ちなみに僕はXMを使い続けています(・∀・)


スポンサーリンク
海外FX最前線のXMで証拠金を抑えたハイレバレッジなトレードを!