雇用統計 (Job Report)

発表元

労働省労働統計局:米

 

発表時期

毎月月初 第一金曜日 22:30(冬時間)

 

内容

米国内の景気動向を計る上で極めて重要な指標。失業率・非農業部門雇用者数・製造業部門雇用者数・小売業部門就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目からなる。中でも特に重要視されるのが非農業部門雇用者数である。
失業率
失業者÷労働力人口×100で定義される。

なお、失業者数は16歳以上の男女が調査対象となるが、軍隊従事者や刑務所の服役者、労働意志のない者は含まれない
非農業部門雇用者数
非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集計される。

農業以外の産業で働く雇用者の増減を示すが経営者や自営業者は含まない。

業種別にも発表されるが、特に製造業の就業者数が注目される。

景気トレンドの最重要指標であるが、インフレ動向も同時に考慮する必要がある。

なお、非農業部門雇用者数の増減は、過去1年の平均程度か、毎月15万人程度の増加が労働市場における景気回復の目安とされている。

また、事前予想と発表結果の乖離が大きいことが珍しくなく、発表に際して市場が大きく変動することが多い最注目の経済指標である。

 

雇用統計に先立つ先行指標としては次のものが挙げられる。

これらの結果が雇用統計の結果を予測するのに役立つと言われている。
  • ADP雇用統計(雇用統計の2日前の水曜日)
  • 米ISM製造業景況指数(毎月第一営業日)
  • 米ISM非製造業景況指数(毎月第三営業日)
  • フィラデルフィア連銀景況指数(毎月第3木曜日)
  • リッチモンド連銀製造業景況指数(毎月20日前後)
  • NY連銀製造業指数(毎月15日)
  • 消費者信頼感指数(毎月25日-月末)
 

失業率と 非農業部門雇用者数の結果は必ずしも一致する事はなく、失業率も重要だが非農業部門雇用者数が特に重要視される。

予想と結果が乖離(離れる)した時などに大きく動く事があり、サプライズやネガティブな結果が出たときなど、大幅にレートが動くのでトレンド転換となる事も多く世界中の投資家が注目している最重要指標。

 

「雇用統計」を簡単に言うと

会話形式で分かりやすくイメージするとこんな感じです。

 

良い結果の場合

投資家:アメリカって景気いいの?忙しいの?

アメリカ:人手が足りないほど忙しいよ!君も手伝ってよ!

—–雇用統計発表直前—–

投資家:今回は前回(15万人)よりと予想値(16万人)がちょっと良いな。

—–雇用統計発表直後—–

アメリカ:非農業部門雇用者数+20万人です!

投資家:超良いじゃん!買いだ!

 

悪い結果の場合

投資家:アメリカって景気いいの?忙しいの?

アメリカ:う〜ん、ちょっと暇になってきてて従業員1割解雇しちゃったよ・・・

—–雇用統計発表直前—–

投資家:今回は前回(15万人)よりと予想値(16万人)がちょっと良いな。

—–雇用統計発表直後—–

アメリカ:非農業部門雇用者数+7万人です!

投資家:超悪い!ネガティブサプライズだ!売りだ!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で