ISM製造業景況指数(ISM Manufacturing Report On Business)

発表元

米供給管理協会(ISM):米

 

発表時期

毎月月初 第一営業日 24:00(冬時間)

 

内容

全米の製造業の300人以上の購買・供給管理の役員に、
  • 生産
  • 新規受注
  • 在庫
  • 価格
  • 雇用
などの項目について前月と比較し、「良い」「変わらず」「悪い」から選択してもらい、結果をパーセンテージで表したものである。

 

50%が景気判断の分岐点となっており、50%を上回ると製造業の景況が良く50%を下回ると悪化していることを示している

毎月第一営業日に前月の調査結果が発表されることから、米国の主要経済指標の中で最も早く、速報性に優れており、注目度の高い指標と言える。

 

「ISM製造業景況指数」を簡単に言うと

つまり、こういう事。

アメリカの製造業に関する偉いさんに「先月の新規受注どうだった?」「先月の生産はどうだった?」って感じの国のアンケートに対して、

「良くなったよ!」「相変わらずだった」「さっぱりダメだったよ・・・」って感じで項目ごとにアンケート記入して国に返信しているイメージ。

関西風に変換すると、「儲かってまっか?」「ぼちぼちでんな〜」って感じです。

 

もうちょっと落とし込むとこんな感じ。

業績が良いパターンのイメージ
  • 生産→増えた
  • 新規受注→増えた
  • 在庫→減った
  • 価格→値上げした
  • 雇用→増やした
業績が悪いパターンのイメージ
  • 生産→減った
  • 新規受注→減った
  • 在庫→増えた
  • 価格→値下げした
  • 雇用→減らした
こんな感じのアンケートを300個以上集計した結果をパーセンテージし、その結果を毎月初の第一営業日に発表する。

全米の製造業に関する業績が発表されるので速報性が高く、アメリカの景気動向が伺いやすいので、ドルに影響しやすい。

 

当然、トレーダーは業績が50%を基点に景気がいいのか悪いのかを判断するのと、前月比と予想と結果を意識する。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で