FXとは、日本円を米ドルに替えたり、米ドルからユーロに替えたりすることで利益を得る取引方法ですが、それは買値と売値の価格差が生じていることで可能となるのです。
その中でもスプレッドというものは、例えば現時点での米ドル日本円の為替レートが100円だとすると、ドルの買値は「100.00円」に対して、ドルの売値は「100.005円」と「0.5銭」高くなります。この為替値の差を「スプレッド」といい、つまりはFX取引会社の手数料、利益となるのです。
この場合は、日本電でドルを買ってすぐ売ると「0.5銭」分を損失するということです。CDや洋服なども買ってすぐ売っても、買取の際は買った時よりも安くなっていますが、このように考えると分かりやすいでしょう。


スプレッドで選ぶ!1回ごとの取引手数料を少なくする方法

当然FXトレーダーにとっては、このスプレッドが狭ければ狭いほど、取引する場合は有利ですので、会社選びの際の重要な判断材料となっています。
FX取引会社を選ぶ際も、このスプレッドに注目してお選びになることをお勧めします。1日に取引できる回数が多く取れる方や、たくさんトレードしてみたい方には特に、1回単位の取引手数料が安くなります。スプレッドは各会社サイトのトップページ等に、必ず公表しておりますので確認するように致しましょう。
先ほど説明したスプレッドによる損失ですが、「わずか0.5銭」と思われた方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、FXにおいてはレバレッジという方法で資金より何倍もの取引を可能とする反面、このわずかな損失を回避することがとても重要なのです。


わずかなスプレッドが、あなたの年間利益に影響する!

もしあなたが、FX取引を本格的に開始され、1日の取引回数が10回から20回で、一度の通貨取引が10万通貨だと仮定します。
その方がスプレッドが、今のFX取引会社より「1」少ない会社に乗り換えたところ、なんとそれだけで20万円以上の月利益が増加されたとのことです。頻繁にお取引される方は特に、このスプレッドに注意することで年間の利益額に大きく影響して参ります。
このように見ていくと、スプレッドがいかに重要であるかお分かりいただけたかと思います。

現在におきましては、FX取扱会社は「低スプレッド」による顧客獲得の競争が激しくなっていますので、そのような会社は意外に簡単に見つかります。どのFX取扱会社も、初心者の方に安心してお取引いただける環境を整えておりますので、安心してFX口座選びをして開設して頂きたいです。もし分かりにくいことや気になることは、各会社の充実されたサポートをご利用されることをお勧めいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で