川瀬: 最近、為替が円安だから、ニュースや報道でも注文くしているよね。

加部: でも、どうして「円安」になると、日本はこんなに大騒ぎするんだ?

川瀬: それは、日本が「内需国」だからだよ。内需国というのは、国内での消費を主にしていることを言うんだ。だって、自分たちがお家で使ってる電化製品なんかも、日本製を好むじゃん。

加部: 確かにそうだな。日本は、自分たちで作ったものを、自分たちで消費しているんだ。

川瀬: 良い品物・製品であるから、当然海外にも輸出されるよね。

加部: なるほど。良い製品が海外に出てしまうわけだね。でもそれは良いことじゃないんだ?

川瀬: 悪いことではないけれど、その分、輸入量が減る傾向にあるんだよ。つまり、円安になると、海外輸出の方が儲けるから増えてしまうんだ。この円安によって、利益を得る企業は、海外展開している企業に限定されることだって考えられるんだよ。例えば、TOYOTA。海外で車をたくさん売って、ドルをたくさん持っておいて、円安になっている今、円に換えて儲けているんだ。

加部: なるほど!そうなると、日本でより良いビジネスをする人が、減っていくわけなんだな。

川瀬: その通り。このように輸出入が、円安や円高に影響する傾向を利用して、発想の転換で、経済発表の「貿易輸出入」に注目することで、今後の円の為替が予想できるってわけなんだ。

加部: 日本国内は、この貿易に関する指標が、とても重要になっているわけだ。アメリカで言う雇用統計なのかもな。

川瀬: そう。初心者の方は、まずこういう観点から、経済指標を見ていくのがお勧めだね。1ドル何円という具体的なものだけではなく、側面性を捉える良い分析方法の一つと言えるよ。FX為替レートの傾向で、すべての善し悪しが確定する訳ではないことも理解しないといけないんだ。

加部: 為替レートも、世界的に見ると、あくまで参考数値の一つってことなんだな。すごく勉強になったよ!ありがとう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で