友人: スポーツニュース見たか?ついに今度の冬から、あの選手も有名なイタリアのサッカーチームに移籍なんだって!

男性: 夢のまた夢。20年前には考えられなかったよな。ワールドカップでの活躍が期待出来る。優勝もしちゃうんじゃないか?

友人: 確かに、もう何が起きても不思議じゃなくなったよね。20年前と言えば、その頃FXはまだ一般向けに公開されていなかったことは知ってる?

男性: え、そうなの?!FXって、もっと昔からあるもんだと思ってた。

友人: 1998年から。サッカーのワールドカップでいうと、日本が初出場したフランス大会の時からなんだよ。

男性: マジで?デビューは同じ年なんだ!そんな最近だなんて全く知らなかったけど、やっぱり当時から相当な人気があったのかな?

友人: その年に、外国為替及び外国貿易法が改正されたことによって、個人でもようやく取引が出来るようになったんだ。日本では初めて、ひまわり証券がFX導入したらしいんだけど、それは爆発的な人気だったらしいよ。

男性: やっぱりそうだよね。新しい投資手法の誕生なんだから。その人気が今でも続いているんだね。

友人: それが違うんだ。その後、予想以上に多数の参入業者が殺到しちゃって。それで法整備が追いつかず、悪徳業者も発生したようでさ。FXの評判そしてイメージがすごく悪くなったらしいんだ。

男性: 恐ろしい!資金を全部持ってかれたりでもしたら、大変だ!でも今は安全で、大丈夫なんだよね?

友人: もちろん。2005年からはFX取り扱いの全業者だけじゃなく、新規参入業者にも金融先物取引業者の登録を義務化したのさ。この承諾が得られないと営業出来ないから、悪徳業者の排除に成功したってわけ。だからこうして安心して,ワールドカップも応援できるってわけだ。

男性: それは良かった。ところで、ひとついいかな?

友人: 他に質問があるの?

男性: フランスワールドカップを最近だって感じている、俺ら。本気で年を感じるな。

友人: それは言うな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で