安恵: よーし、やっと終わったわ!おなか空いたぁ、どっか食べ行こ?

高江: さっき、お菓子も食べてなかったっけ?どれだけ食いしん坊なのよ、安恵は。

安恵: だって、仕方ないよ。減るもんは減る!自然の流れに逆らうなっていうじゃない。

高江: 良く言うわ。ただ食べるのが好きなだけよ。

安恵: バレた?ところで、自然の流れと言えば、FXの相場って何だか波が出来ているようになっているよね。

高江: そうね。ジグザグに進んでいるし、なんだか波みたいだわ。FXだけじゃないけど、よく「相場のトレンドに乗せる」って言われるのよ。

安恵: サーフィンみたいだね!おもしろーい!

高江: でも乗せる為には、今この相場がどういう波(トレンド)なのか、今後どうなっていきそうなのかを把握し分析する必要があるの。その2つの重要な行為を、同時にこなせる人気の分析ツールがあるのよ。

安恵: へぇ、同時に2つのことが分かっちゃうの!?何て言うの?

高江: MACDっていうのよ。マックディーと呼ぶの。日本語では移動平均収束拡散法というんだけど、直近の値動きを平滑平均線の短い期間と長い期間の2線で表示するんだ。

安恵: この2本の線?これが何を示すの?

高江: これは、シグナルと言うのよ。これがクロスすると買いサイン、売りサインと言われているの。これ以外にも、棒グラフの表示があるじゃない?これをOCSIといって、グラフが0より上に向かっていれば相場は上げトレンド、逆に0より下に向かえば下げトレンドということが一目で把握しやすくなってるんだ。

安恵: なるほどねー、MACDはつまり、相場のトレンドと売買すると良いタイミングの、両方を一度に見る事が出来るのね!とても分かり易いわ!

高江: こういう分析型チャートをオシレータ系テクニカル分析指標というの。是非、覚えておいてね!

安恵: ところでさ、さっきからアレが食べたくて仕方ないんだけど?

高江: やっぱり?私もよ、さぁ注文しましょう。

2人: ビッグマックバーガー下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で