FXをこれから始めるという方は、まずデモトレードが可能なFX口座を開設することをオススメします。

デモトレードと言うと、「お金がかかっていないから意味がない」「時間の無駄」といわれる方もいますが、上手に活用すれば大きな効果のあるサービスですので、ぜひ利用して欲しいと思います。

1.身に付けるはリスク管理

デモトレードで最も身に付けて欲しい事項は、「リスク管理」です。

「架空のお金なんだからリスクも何もない」と思うかもしれませんが、実際にトレードを始めれば全てあなた自身のお金をもとに行うことになります。

その際、事前にリスク管理について学んだか否かは、結果に大きく影響を与えますので、デモトレードだからこそリスク管理を徹底するように意識してトレードを行ってみて下さい。

では、リスク管理とは具体的に何を行えば良いのか。

1つは損失発生時の損切りを適切なポイントで行えるようにすること、もう1つは自身のトレードスタイルに適したレバレッジを発見することです。

事前に上記のルールだけでも決めた上で本当のトレードを開始すれば、塩漬けが溜まって資金が動かせなくなってしまったり、1回のトレードで強制ロスカットを貰ってしまうといった事態は避けることができるでしょう。

2.いろいろなテクニカル指標を試す

デモトレードでもう1つ試して欲しいのは、自分に合ったテクニカル指標を見つけるということです。

FXトレードにおいて全くテクニカル指標を利用しないというトレーダーはほとんど居ません。

移動平均線や一目均衡表、MACD、ストキャスティクスなど何かしらのテクニカル指標を利用していくことになりますが、それぞれテクニカル指標には特徴やクセが存在しています。

そのため、自分に合ったテクニカル指標を見つけておくことで、実際のトレードを開始した際にどんなポイントでエントリーすれば良いかが理解でき、無駄なトレードを減らすことができるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で