FXで損失が出てしまったポジションをいち早く救出するため行われる手法にナンピンというものがあります。

具体的な方法としては、ドル円を100円で買いエントリーしたけれど、98円までレートが下がってしまった場合に98円で再度買いエントリーを行うことで平均約定単価を99円にするというものです。

そうすることで、本来であれば2円上昇しなければ±0にならなったポジションが、1円上昇しただけで±0に出来る効果があります。

ただし、ナンピンはFXトレーダーの中でも賛否の分かれる手法の1つです。

なぜなら、先ほどの例で言うと、98円で下落がストップすればナンピンは成功と言えますが、そのまま95円、90円まで下落してしまった場合のことも考慮すると、非常にリスクが高いためです。

ですから、ナンピンは相場に慣れており値動きの予想が適切に出来ること、加えて予想に反して下落が続いた場合には、損失を諦め損切りが出来るという2つの条件が揃った人でなければオススメできる手法ではないと言えます。

また、ナンピンと似ている手法として、ピラミッティングというものがあります。

ピラミッティングとは、ナンピンとは逆に利益が出ているポジションをさらに追加していくことで、大きな利益を狙う手法です。

具体的には、ドル円を100円で買いエントリーした後、102円まで上昇した段階で再度買いエントリーを行うことで、ポジションの量を増やしより上昇した際の利益幅を大きくするという手法になります。
ピラミッティングがナンピンと異なる点は、値動きの予想が外れたとしても利益がチャラになってしまうという程度で済むという点です。

そのため、精神的な負担は軽く済みますし、予想通りの値動きが続けば1度の取引で非常に大きな利益をあげることもできます。

初心者の方にもオススメしたい手法ではありますが、エントリーポイントについては詳細に分析した上で行わないと、簡単に利益を飛ばしてしまうため注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で