FXというと短時間でポジションし決済して利益を得るというイメージがあります。

そのため初心者の頃は、ポジションをしていないと利益に繋がる機会をロスしてるような気持ちになります。

もしそんな気持ちを一度でも体験していると「ポジポジ病」という大変やっかいなクセになるかもしれません。

ポジポジ病というのは簡単に説明すると「過度にポジションする事」です。

勝ちたいという気持ちが強い、判断の甘い初心者によく見られるクセです。

確かにポジションをしないと利益には繋がりません。しかし過度のポジションは損にも繋がります。

ポジポジ病にならない事、なっているなら治す事が実はFXで成功する方法の一つです。

過度のポジションを避けるために「トレードルールを決める」という事があります。

ポジションする前に本当にポジションして良いかの基準ルールを決めます。

利益はありますか?

チャートでトレンドは出ていますか?

利益確定と損切りはどのタイミングにするか目安は決まっていますか?

こんな事をポジションする前に確認するだけです。

それだけでも一か八かの賭けのようなポジションは避けれます。

FXは取引自体は簡単です。その分メンタルが大切です。

ポジポジ病はメンタルの弱さを表しているそうです。

焦りや根拠のない自信でのトレードは大きな利益を生みません。

確実にコツコツ利益をあげる事が大きな利益になっていきます。

無駄なポジションをしない事がFXトレードで一番大切な事なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で