FXでは、対象としている通貨ペアは多岐にわたります。

それぞれの通貨ペアには、特徴があるため、扱うつもりの通貨ペアに関しては事前に詳しい知識を持っておくことが重要です。

以下では、主要通貨ペアの値動きや動きやすい時間帯などをご説明していきます。

1.ドル円

日本のFXトレーダーにとって最もポピュラーな通貨ペアは、米ドルと円の組み合わせであるドル円です。

ドル円の最大の特徴は、その他の通貨ペアに比べると比較的値動きが緩やかという点です。

また、スプレッドが狭いという点も挙げられます。

そのため、初心者の方が扱う通貨ペアとしては最適と言えるでしょう。

ドル円の値動きが活発になるのは、基本的にアメリカ市場がオープンする前後、つまり22時前後辺りとなります。

また、アメリカで発表される経済指標の影響を最も強く受ける通貨ペアですので、常に経済指標の確認を行っておく必要があります。

2.ユーロ円

ドル円に次いで日本で人気の高い通貨ペアは、ユーロ円です。

数ある通貨ペアの中でも値動きは激しいと言われる部類に入るため、難しい通貨ペアでもありますが、値動きが一方向になりやすい特徴を持っていることから、流れに上手く乗れれば短期間で大きな利益の望めるという魅力を持っています。

値動きが活発になるのは、ユーロ圏の市場が開き始める時間帯からで、概ね16時辺りから要チェックの時間帯となると考えておきましょう。

最近では、ECBによる金利政策関係の発言が相次いでおり、その度に大きな変動を見せているため、保有する場合にはタイトなロスカットの設定が望ましい通貨ペアと言えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で