FXの取引は、平日であれば24時間可能ですが、仕事等の関係で日中や深夜の取引が出来ない方が多いと思います。
また、スワップ金利という銀行の利子を得る為に、長い期間エントリー(※注文を保有していること)を続けたい方も多く、そのような方々にお勧めなのが「予約注文」です。

基本的な注文は2つです。保有しているエントリーが、指定した利益に達した時点で決済する「指値注文」、その反対の損失をそれ以上拡大させない「逆指値注文」があります。これらをまとめて、「OCO注文」と言います。

また、エントリーが注文により決済された後も、継続して自動的に注文を行う「IFD注文」もあります。これら2つを合わせる事で、利益確定と損失抑制を同時に可能にする「IFO注文」を利用する事によって、取引出来る時間帯に関わらず、自由に思い通りのFXトレードが実現出来ます。

また、FXは投資ですので、いつでもリスクと表裏一体です。その為には徹底したリスク管理が必要となります。FXに限った事ではございませんが、投資の世界において最も重要なのが「損切り」です。
つまり、損失を最小限に抑えるということがとても重要となります。

しかしながら、自信を持ってエントリーしたにも関わらず、自分の予想に反した場合や為替レートの急な変動が発生した場合、人間という生き物は期待と祈りという感情が発生し、いざという時に「損切り」が出来なくなります。

そのために、トレード前からそういったことを想定して、徹底した「逆指値注文」を行うことが大事です。一度設定した損切りポイントを変更する事もお勧め出来ません。また、資金に余裕を持った通貨量で取引を行うことで、精神的にも安定したトレードに臨む事が出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で