FXとは、米ドルやユーロ、ポンドといった海外通貨を売買することで利益を出す取引方法のことで、「外国為替証拠金取引」と言われています。チャートと呼ばれる為替相場の値動きを確認しながら、今後の動きを予想して取引することを目的としています。


取引通貨量が前年の2倍に!今日本中で話題となっているFX

最近のニュースでは、FXを始めた方がすごく増加したことによって、外国為替取引を行ったすべての通貨量が、前年度の2倍以上となったことを報じられました。この要因は2つ考えられ、1つ目は、アベノミクスによる日本の経済活性化やアメリカの量的緩和による経済復調という経済効果が考えられます。そして2つ目は、FXの取引スタイルは、平日昼間を基本とする株式取引等とは違い、24時間取引可能であるため、本業を持ちながら、副業や空いた時間でも可能ということで、大変人気を集めているのです。また、好きな通貨ペアを自由に選べるところが選択肢の自由化により、より親しみがわく投資スタイルとなっているのです。


FXの仕組みを知ろう
「最近、FXってよく見たり聞いたりするんだけど、どういうことをしているの?」とこのように興味はあるのだけれども、なかなか踏み切れない方もいらっしゃると思います。このサイトでは、誰でも簡単にFXを始められるように、口座開設にあたっての予備知識やFX取引における基本的な知識に限らず、実戦で確実に儲かる方法をご紹介したいと思います。
その為には、まずFXの仕組みについてご説明したいと思います。


FXではどうやって利益を得るのか?

FXは、例えば日本円を米ドルやユーロ、ポンドといった諸外国の通貨に替えることで、それを一定期間売買することで「利益を得る取引」です。外国通貨との現在価格を表す「為替レート」は、1分1秒常に変動しておりまして、その変動を利用して利益を得ようとする投資手法です。
では、ここで日本円と米ドルの通貨ペアにて、例を挙げて考えてみましょう。
現在、日本円米ドルの為替が、「1ドル100円」で取引されています。つまり米ドルを1ドル揃えるために、日本円が100円必要です。しかしこれが、為替の変動で「1ドル102円」に、今後上がっていくだろうと予想して、100円のうちに日本円でドルを買っておきます。
そして予想通り、1ドルが102円になると、単純に2円の利益が出ることになり、これを大量にドルを買っておくとそれだけ利益が出るという仕組みなっています。

ですが、FXの醍醐味はここからです。レバレッジというFX特有の「少ない資金でも多額の取引を行える仕組み」があるのです。これによって、1日で何万、何十万という利益を生み出すことが可能となっているのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で