FXについて学んだ方は、「損小利大」という言葉をたびたび目にしたことがあるかと思います。

損小利大とは、損を小さく抑え利益は大きく伸ばすというトレードスタイルのことであり、多くのトレーダーはこの損小利大を目指しているはずです。

しかし、そうした目標とは真逆の「利小損大」のトレードを繰り返してしまうというトレーダーは非常に多くみられます。

多くの方が頭では損小利大にしようと考えているにも関わらず、一体なぜ利小損大となってしまうのでしょうか?

その背景には、プロスペクト理論と呼ばれる人間の行動心理学が存在しています。

プロスペクト理論とは、簡単に表現すると、人は利益があるときには確実に利益を得られる選択をし、損失が発生する場合には一か八か損失が0になる選択を行うというものです。

そして、このプロスペクト理論は、FXにおける利小損大とそのまま結びついています。

つまり、利益が乗ったポジションについては利益が消えてしまわないうちに早々と利食いをしていしまうにも関わらず、損失が発生した場合には損失を受け入れたくないという気持ちからそのままポジションを放置ししてしまい結果として大きな損失を出してしまうということです。

ですから、FXで安定的に利益をあげることを目指すのであれば、まずはプロスペクト理論を克服しなければなりません。

しかし、冒頭でも述べたように簡単に利小損大から損小利大に切り替えることは難しいものです。

そのため、まずは損大の部分を損小へと転換させるよう、タイトな損切りを設定してみるようにすることをオススメします。

逆指値で予め注文を行っておけば、損失は自動的に限定されますので、ぜひ実践してみるようにして欲しいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で