FXにおいて、最も魅力のあるひとつに、好きな外国通貨を選んで取引できることです。
通常は、日本円を保有していることが多い、日本のFXトレーダーの皆様は、まずどこの外国通貨と取引しようか選択できるのです。
FXの場合は、必ず2種類の通貨の組み合わせで成立されます。つまり、日本円と米ドル、日本円とユーロと言った形になり、それが必ず対になっていることから、「通貨ペア」と総称されているのです。


「JPY/USD」「JPY/EUR」とはどういう意味だろう?

その通貨ペアの表示方法は、日本円/米ドル、日本円/ユーロとなりますが、これは日本語なので正式には「JPY/USD」「JPY/EUR」という世界共通の表現でトレードされるのが一般的です。どのFX取引会社のシステムにおいても、見やすさを重視する場合は日本語を取り入れているところもございますが、基本的にはこの短縮表記が成されておりますので、どこの通貨のことを指しているのか分かるように覚えておきましょう。

では、その通貨の表記一例です。日本円=JPY、米ドル=USD、ユーロ=EUR、英ポンド=GBP、オーストラリアドル(豪ドル)=AUD、ニュージーランドドル=NZD、カナダドル=CAD、スイスフラン=CHF、南アフリカランド=ZAR。
経済指標ニュースや速報等は、このような表記にしているところがほとんどです。短縮された通貨表記を覚えておくことで、スムーズな情報収集や取引が可能となりますので、少しずつ慣れていくようにしましょう。


リスクヘッジやスワップ獲得に使える!異なる通貨ペアトレード

通貨ペアで表記する際は、その前後の順番も大事です。例えば、FX関連のサイトや情報誌によると、「USD/JPYで買い」と表現されることが多いのですが、これは日本円で米ドルを買ったことを示しています。これを逆に捉えると、全く違う解釈で誤ったオーダーの原因となりますので、注意するように致しましょう。
また、ある主要国の経済状況リスクの影響を受けにくい通貨ペアも存在し、あえて異なる通貨ペアを保有する場合がございます。これをFXの通貨ペアにおける「リスクヘッジ」と言います。
つまり、EUR/JPYとGBP/JPYの場合は、地域が近いという理由から、ほぼ同じような為替チャートとなるので、両方保有するのは得策とは言えない場合がございます。逆に、AUD/JPYとCHF/JPYは、逆の相関チャートなることで有名ですので、リスクを回避するためにそれぞれ保有する場合がございます。

このように、好きな通貨をお選びいただけるのはもちろんのこと、理にかなった相関が取れる通貨ペアを探すのも、FXの醍醐味のひとつと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で