同僚: なぁ、知ってるか?FXの取引金額が去年の2倍になったっていう新聞記事!

男性: 見た見た、これもアベ様効果ってやつ?でも、なんで皆FXなんてやるんだろう。

同僚: 聞いた話だけど。どうやら、証券会社によってはかなりの小額でも始められるらしいんだ。

男性: マジで?てっきり、100万円とかまとまった資金が必要だと思っていた。でも色々手続きや手数料がかかるんじゃないの?

同僚: 聞いた話だぞ。FXを始めるには、証券会社にFX専用の口座を開設する必要があるんだ。でもそれも簡単な手続きで済むし、手数料も無料らしい。しかも、会社によっては1万円を超えるキャッシュバックがあるんだって。

男性: 無料だけじゃなく、お金も入ってきちゃうの?そりゃあ、皆やってみたくもなるよな。

同僚: これも聞いた話だからさ。それはすぐにもらえるんじゃなくて、ほとんどの会社ではある一定の取引金額が条件にしているから、誤解しないようにしないとね。

男性: なるほど。開設だけして何もしないんじゃあ、確かに証券会社もキャッシュバックばかりで損だもんな。証券会社によってやっぱり特徴と言うか、サービスが違うのかな?

同僚: 一番注目されているのが、スプレッドかな。簡単に言うと、買い注文と売り注文のレート差額なんだ。例えばドル円でドルを買ってすぐ売ると、その差額が生じてそれが証券会社が得られる利益となるんだ。でも最近はこのスプレッドがすごく狭くなっていて、どこも大きな差がなくなっているけれどね。それから、約定力やサーバ安定度も比較される要素かな。

男性: 約定っていうのは、確か取引の成立のことだったよな。それが証券会社によって変わるの?

同僚: 例えば、100円00銭で買い注文したのに証券会社のサーバに注文が届く頃に、100円10銭まで上がっていたら、10pipsも思惑と違う事になるだろ?それをスリッページというんだけど、これが発生しない確率の事を約定力そしてサーバ安定度が高いということになるんだ。安心して取引出来るってわけだよ。

男性: そうなんだ、他にも調べたら色々ありそうだな。ところで、お前はどこ使ってるの?

同僚: 俺は○○証券だよ。

男性: やっぱり!お前FXやってるだろ。教えろよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で