FXで取引ができる通貨単位は、1万通貨からが基本です。

もし1万通貨単位で取引した場合に為替レートが5円動いたとすると、50000円の利益か損失の状態になります。

これを10万通貨単位のポジションを持っているとすると、50万円分の利益か損失の状態になるということです。

何が言いたいのかというと、FXでは注文する通貨単位を増やすほど、利益と損失の幅も拡大していくということです。

多くの通貨単位を注文して思惑通りにいけば、多くの利益を得ることができます。

しかし投資をする上で、リターンが多くなるほどそれだけのリスクも多くなります。

このようなことから、思惑通りに行かないときには損失が出るのがFXです。

このことを理解しておくと、実際の取引で含み損になっていても、迅速な対応が取れるようになります。

FXを始めて間もない人、またはFX取引で利益が伸ばせない人は、小額の通貨単位で取引することを勧めます。

小額の通貨単位で取引しておけば、リターンが少なくなる代わりに、リスクもそれだけ抑えられます。

もしポジションが含み損でも、思い切って損切り決済をしやすい精神状態になります。

FX業者は年々増えていて、いろいろなシステムが充実しています。

FX業者の中には、1000通貨単位から取引できるところも多くあります。

1000通貨単位でポジションを持って、5円分の為替差損が出たとしても、5000円分の損失に抑えられます。

次の取引に引きずらないようにするには、損失を認められる通貨単位で取引することです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で