移動平均線は基本中の基本

その名の通り、移動した平均の線の事です。

世界中の投資家が使っている指標であり、シンプルイズベストな指標です。

相場はノイズを含んで上下運動を繰り返しますので、ノイズを除去したラインを表す事ができます。

移動平均線とはあくまでも過去データを基に計算するので相場の瞬発性に欠け、スキャルピングなどには不向きとされており、主にスウィングトレード向きとされています。

しかし、使い方によってはスキャルピングでも十分使える万能な指標です。

 

期間

一般的によく使われている期間は200です。

期間が短過ぎると、ノイズなどを含んでしまい、意味を持たない場合がおおくなります。

一概に200が有効という訳ではなく、多くの場合、200MAが抵抗線や支持線となり得る事が多く、

200MAを割り込むや、抵抗となるというニュースでも聞くくらい、多くの投資家が意識している数字となります。

移動平均の種別

スクリーンショット 2014-07-14 22.23.03
一般的にSMAかEMAがよく使われています。
  • Simple:いわゆる単純移動平均線(SMA)です。
    日々の価格を平等に加重して計算。
  • Exponetial:いわゆる指数平滑平均線(EMA)です。
    直近の価格を最重視して加重して計算。
    この平均線はMACDの計算式にも使われています。
  • Smoothed:いわゆるSMMAです。
    SMMA は、EMAの期間を2倍して1を引く事と同じになる。
    EMA99=SMMA200と同じ。
  • Linear Weighted:いわゆる加重移動平均線(WMA)です。
    直近の価格を重視し徐々に減らして計算。

適用価格

スクリーンショット 2014-07-14 22.23.19
  • Close
    終値を適用します。
  • Open
    始値を適用します。
  • High
    高値を適用します。
  • Low
    安値を適用します。
  • Median Price
    高値+安値÷2で適用します。
  • Typical Price
    高値+安値+終値÷3で適用します。
  • Weighted Price
    高値+安値+終値+終値÷4で適用します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で