FXには色々なやり方があります。

金融商品への投資ですので、究極的には投資した金額以上の利益が得られれば良い訳で、そのやり方について、とやかく言われる筋合いは本来無いはずです。

しかし、やってはいけない手法といわれるものがFXには幾つかあります。

例えばナンピンやハイレバでの投資などですが、これについては別途お調べいただくとして、両建という手法は大変賛否両論の手法です。

両建とは、一種類の通貨ペアにつき両方向にポジションを持つことをいいます。

これをするとスプレッドの拡大やスワップポイントによる損失もありますが、基本的に為替の変動については、損益が動かないままポジションを持ち続けることが可能になります。

片側のポジションを持っているときに、思わず逆行しても即座に両建のポジションを取れば、収益を上げることが可能となり、決済後に戻ってきたところで最初に持っていたポジションを決済すれば、両得だと考える人がいます。

かたや、逆行が始まったのであれば、即座に損切りをして反対側のポジションを持つべきで、決済後に戻ってくるのであれば改めてそこでポジションを取り直すべきだと考える人もいます。

どちらが正しいのでしょうか。

特に正解はありません。

両建した瞬間に再度逆行して長い間ポジションの間に入ってしまうこともあれば、片側のポジションに利が乗って決済してもそのまま片方のポジションに戻っていかないこともあります。

また、損切りしてポジションを逆側に取り直しても再び逆行して往復で損失を出すこともあります。

本当にFXは難しいのですが、やはりそこに醍醐味もあるといえます。
いろいろ試して自分にあった手法を見つけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で