店員: それでは、クレジットカードをお返し致します。ありがとうございました。

安恵: 高江、付き合ってくれて本当にありがとう!今日は出来るだけ、一人で居たくなかったんだよね。

高江: そうだったの?でもさ、このカード決済のおかげで、本当手軽に買い物出来ちゃうよね。

安恵: 手軽といえば、最近FXを始める人増えたよね。確か、外国為替証拠金取引だっけ。そもそも、為替ってどういう意味なのかな?

高江: 実はね、為替の本来の意味は、現金のやり取りをしない決済システムのことを指すのよ。

安恵: それって、今みたいにクレジットカードで買い物する決済することと、同じじゃない?

高江: その通り!為替のルーツは諸説で、江戸時代から始まっているらしいのよ。驚きよね。江戸時代にも、今で言う銀行のような両替商という商人がいて、そこで料金を立て替えてもらうことで、現金を支払わずに商品を手に入れることが出来たらしいのよ。

安恵: そんなに昔から?!ってことは、私たちも日々為替に関わっているんだね。必ずしも、外国のお金との取引を指す訳じゃないんだ。

高江: 国内だけで利用する場合、つまり日本円だけの取引は内国為替というのよ。一方で、外国のお金と取引する事を、外国為替っていうの。FXは外国為替証拠金取引と言うでしょう?どうしても、この外国為替で投資をしている人がほとんどだから、為替=投資のイメージが付いちゃってるのよね。

安恵: 為替って、私たちには無関係な世界だなんて思っていたけど、毎日関わっていたんだね。

高江: 本来の意味をもっと理解したら、きっとFXで無謀なトレードが少なくなるのかもしれないね。

安恵: FXは外国のお金を。お店では品物を。買い物が出来るって本当にありがたいことなんだね。ねぇねぇ、ところで何買ったの?彼氏へのプレゼントー?

高江: だって今日は、安恵のルーツに感謝する日でしょう?誕生日おめでとう。

安恵: うわっ、覚えててくれたんだ!ありがとう。先祖様に感謝しなきゃね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で