FXの中でスワップ取引ほど簡単な取引は存在しません。

理由は簡単で、一度取引をすれば後は何もしなくても勝手に利益が入ってくるからです。

スワップ取引は、特に初心者の人にとって難しいからという理由で敬遠されがちになってしまっているのですが、この取引ほどFXで簡単に利益を出せる取引はありません。

スワップというのは、金利差の事を意味します。

金利というのは、銀行や郵便局でお金を預けるときに発生するあの金利と全く同じ概念で、外貨に関してもお金を交換するだけで利益が生まれる金利が存在しているのです。

これを利用して利益を上げようと考えるのがスワップ取引ですので、むしろ取引をほとんどしたことがない初心者にものすごく向いている取引だと言えます。

基本的に、外貨の金利というのは国内のそれよりも遥かに高い状況になっているのです。

国内の銀行や郵便局に普通預金でお金を預けたとしても、そこから発生する金利は1%もありません。

しかし、外貨を利用した金利では5%以上の金利も珍しくなく、国内で普通にお金を預けているよりも間違いなく効率良く資産運用ができます。

例えば、国内の通貨が1%で外貨の金利が5%だった場合、この間には4%の金利差が生じていることになります。

この4%の金利差がスワップと呼ばれるもので、投資をする人の利益となるお金になるわけです。

金利は一定期間を経過すれば必ずお金を貰える仕組みになっていますので、一度取引をすれば本当に後は何もしなくても構いません。

FXでこれほど便利な方法はないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で