FXは、為替レートの変動による「為替差益・為替差損」と2つの通貨の金利差による「スワップポイント」です。
特に前者の「為替差額」で利益を得ることが多いのですが、それは円高・円安が発生する事で可能としております。

例を挙げますと、1ドル=100円の状態から101円になることを「円安」、1ドル=100円から99円になることを「円高」と言います。このように、ある外国通貨に対して、日本円の価値が上がる事を「円高」、逆に下がる事を「円安」となるのです。

なぜ前者の場合、「円が高くなっている」のに「円安」かと言うと、1ドルを獲得する為の日本円の数が多く必要となっているのです。そのため、ドルに対しての日本円の価値が下がっているので、よくニュースや新聞に出てくる「円安ドル高」と言われるのです。

そして、トレンドとは、為替市場における相場の流れや傾向のことをいいます。為替レートは、日々常々に上下しながらも、上昇トレンド、下降トレンド、横ばい(ボックス、レンジ)のいずれかの動きを続けています。この傾向を見分ける為に、テクニカルやファンダメンタルといった幾多の分析ツールを活用していくのです。

上昇トレンドは、チャートが右肩上がりの状態です。小刻みに上下をしながらも、上昇の力が強い相場を指します。
下降トレンドは、チャートが右肩下がりの状態です。小刻みに上下をしながらも、下降の力が強い相場を指します。
横ばい(ボックス、レンジ)は、上下しながらも上昇・下降共に同じ程度の力の相場を指します。一定期間、為替レートが動いていない状態です。

FXで利益をあげる為には、この各トレンドを把握することが重要となっています。トレンドの把握が、FXの勝敗を分けると言っても過言ではございません。特に初心者の方は、トレンドに逆らわずに取引する事が、FX成功の鍵を握っています。円高円安の為替変動を見越して、それを利用して、多額の利益を獲得しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で