FXで利益を上げるためのコツは、出来るだけ通貨の価値が低いときに購入することです。

そのためには、まず通貨の底値を知らなくてはいけません。

実は、この底値を知るための簡単な方法があります。

それは、チャートを利用することです。

FXの初心者の人は、チャートを見て何となく取引をしてしまう傾向にあるのですが、チャートの動きを分析すれば為替相場が一定の動きを繰り返していることがすぐにわかります。

例えば、移動平均線を期間に分けて見ることでそれが顕著になります。

通貨の価値が底値になっていると判断する場合には、移動平均線に相場の価値が当たっているかどうかで簡単に判断することが出来ます。

仮に、移動平均線を25日間に設定したとすると、25日間の間に記録した相場の平均が線となってグラフに現れることになるのです。

世界中の投資家は、この平均線を基本的に底値と考えていますので、為替相場の価値が平均線に当たると反発して通貨の価値がどんどん上昇することが頻繁にあります。

逆に、この平均線を割ってどんどん下に行ってしまうような場合には、為替相場の流れが変わって悪い方向に行ってしまうことを暗示しているので、素早く損切りをすることが肝心になるのです。

このように、期間を設定して移動平均線で反発するかそれともそれを割って価値がどんどん下がっていくかを判断する材料の事をトレンドと言ったりします。

大前提として、FXの為替相場はこのトレンドに沿って変化していると言う事を知っておけば、FXで大きな損をすることは絶対になくなるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で