FXを行う上で通貨ペアの特徴を知ることは重要です。

特に日本人である私達は「ドルストレート」と「クロス円」を理解するべきでしょう。

実際にトレードを行ったことがある方は既にご存知でしょうが、為替取引をするにはスプレッドという料金を支払わなければなりません。

スプレッドは通貨ペアごとに異なっていますが、日本においてはドルストレートとクロス円のスプレッドが基本的に低く設定されているのです。

 

ドルストレートというのは米ドルが関わっている通貨ペアのことです。

ドル円であったりユーロドルなどがそれですが、これらの通貨ペアは取引量が非常に多いために、値動きが安定するという特徴があります。

FX初心者の方はこのドルストレートを取引することをオススメします。

 

クロス円というのはドル円以外の(ドル円はドルストレートに分類されるため)円が関わっている通過ペアのことです。

ユーロ円やオーストラリアドル円(オジ円)などのことです。

クロス円は取引量が少なく不安定な通貨であり、値動きがおかしくなることがよくあります。

その取引量の少なさからファンドが容易に操作出来るといわれており「ファンドのおもちゃ」とも呼ばれ、個人投資家の多くはこの通貨ペアを避けてトレードしています。

 

以上から、初心者の方はドル円やユーロ円というような取引量が多く、かつスプレッドが低いドルストレート通貨でのトレードをオススメします。

「でももっと多くの通貨を監視したい!」という方はクロス円の中でも取引量が比較的多いユーロ円やポンド円などを取引していくべきと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で