FXトレードを始めようと思っている方で、よく関連サイトや書籍等で、「pips」という文字を見られる事が多いと思います。
pipsとは、為替レートが動くときの最小単位のことで、読み方は「ピップス」と呼びます。
なぜこのような単位が必要かと言うと、日本では「円」、アメリカでは「ドル」というように、世界各国において通貨の呼び方は異なります。
FXというのは、世界中の通貨の差額を利用した投資なので、その差額の呼び名を統一する事で分かり易くしているのです。

この世界共通の差額分を表示する「pips(ピップス)」と、取引を行う際に必要となる最低取引単位「lot(ロット)」(米ドル円取引の場合は1万通貨等)は異なりますので、間違えないようにしましょう。

このpipsがプラスになれば「利益」、マイナスになれば「損益」となり、それに取引単位のロットを乗算したものが、利益や損益額となります。つまり、1万通貨を取引していて「10pips」プラスとなった場合は、10万通貨を獲得する事になるのです。

そのpipsを獲得する為には、相場に合った最適なポジションを、一定期間持たなければなりません。
ポジションとは、外国通貨を保有している(持高)状態で、利益や損失が確定する前のことを言います。これを確定させる事を「決済」と言います。
FXで為替差益を得る為に、外国通貨を「買ってから売る」と「売ってから買い戻す」の2パターンがあります。

例えば、10万円で1000ドル買う事を「買いポジション」または「ロングポジション」と言います。通称、「1000ドルのロング」と呼ばれます。その逆を「売りポジション」と言うのですが、FXでは、日本円しか持っていない場合でも、米ドルを保有していると仮定することが出来るのです。

つまり、FX口座にある日本円を担保に、一旦米ドルを保有していることにして、「1000ドルで、10万円を買う」状態に出来るという事です。
少々ややこしいですが、要するにどのような状況でも「買い」「売り」、両方トレード出来るというメリットがあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で