FXトレードをしている者にとって、今後アメリカドル円は一体いくらになるのだろうと不安と期待を持たれる方がほとんどでしょう。
そこで、為替関係者及びアナリストによる見解を少々紹介したいと思います。あくまで参考として捉えて頂きたいのですが、大多数の意見は「110円にはとりあえず到達する」というのです。つまり、長期的に予想するのであれば、テーパリング等の効果により、徐々にではあるが10円台の大台まで到達する可能性が考えられるそうです。
このFX為替アナリストたちは、半年前に「105円台に到達する」だろうと予想を立てた方々ばかりです。現在のFXチャートを見れば、その信用性はあるのかもしれません。
もう少し詳しくお話ししますと、4月から6月にかけて少々円安に、その後は一時的に下落するものも、長期的に見れば円安に向かうとの見解です。ただし一時期では120円までいくのではないか、という憶測も出たようなのでそれから10円も下げた予想となっています。
このように長期的で慎重なFXテクニカル分析を行っていたとしても、これだけの予想差が出るこの経済状況に立ち向かうのは、容易ではないということだけは確実です。

さらに、FXトレードを優位に進めるためには、アメリカ経済を深く知ることが必要不可欠です。
アメリカ経済は、2008年のリーマン・ショック以降、紙幣取引量と呼ばれるマネタリーベースは3倍にまで膨らんでいます。
これにより、アメリカにおける株価は上昇回復を遂げ、主要である株価指数「ダウ平均株価」もはく年は過去最高値を更新することになります。
消費者におけるもっとも高い買い物の一つである、住宅価格も上昇することで、それに関わる企業やビジネスにおける雇用状況も徐々に回復へと向かっています。
しかし、このマーケットの流れとは相反する、政府介入の金融量的緩和の長期化は、将来的に過度のインフレを招く恐れがあります。
これらのバランスが崩れたときに、FXにおける為替相場は急変動を余儀なくされます。現在FXで取引しているこの価格は、数か月後、数日後にはもう2度と戻らない値になるかもしれません。
このように、FX相場と経済状況は常に密接にあることを、決して忘れないで頂きたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で