FXでは、取引出来る外国通貨を自由に選ぶ事が出来ます。最も有名なアメリカの「米ドル」に始まり、欧州で使用されている「ユーロ」、英国の「ポンド」やオーストラリアの「豪ドル」等、このように各国の通貨が勢揃いです。

またこれらの通貨は、一般的に3文字の「通貨コード」で表記されます。主要通貨を例に挙げますと、「米ドル=USD」「ユーロ=EUR」「ポンド=GBP」「豪ドル=AUD」となります。ちなみに、日本円は「JPY」です。

このコードは、FXトレードするシステムだけでなく、為替ニュース等でも多く使用されていますので、どの外国通貨のことを指すのか理解しておく必要があります。また、日本円で米ドルを購入したい場合は、「USD/JPY」と表記され、反対に米ドルで日本円を購入する際は、「JPY/USD」となりますのでこの違いに注意しましょう。

そして、FXでは必ず2つの通貨で取引を行います。そのことを「通貨ペア」と呼びます。
日本では、主に日本円を利用して外国通貨を取引しますので、その中でも「米ドルと日本円」が有名な通貨ペアです。また、日本円以外の外国通貨同士で取引される事もあります。その場合は、「米ドルとユーロ」が有名です。

取引出来る外国通貨は、それぞれに異なる特徴を持っています。例えば、世界一の取引量を誇る米ドル、為替レートの動きが激しいユーロとポンド、金利が高い豪ドル等です。

FXでは、自分に合った通貨ペアを探す事が重要だと言われています。その通貨ペアで取引を進めていくのが基本ですが、ほかの通貨ペアの動きもしっかり把握する必要があります。たとえば、相性の良い通貨ペアが「GBP/JPY」な場合は、これら関連している「EUR/JPY」「USD/EURO」等の通貨ペアの動きを見ましょう。

そうすることで、自分が取引している通貨ペアの今後の動きを読む事が出来、利益を拡大したり、損失を最小限に抑える事が可能となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で