FXがトレード出来る時間帯は、平日の24時間可能です。詳しい時間帯は、月曜日朝6時から土曜日朝6時までとなっております。
なぜFXトレードは24時間可能かと言うと、まず日本の為替市場は朝9時から17時です。一方で、他国であるニューヨークやロンドン等の外国為替市場は、時差の関係で1日中どこかが開いているため、トレードが可能となります。分かり易く言うと、コンビニエンスストア等で働く、従業員のシフト制のようになっているわけです。

それによって、世界主要国の為替市場がオープンしてから「午前中の時間帯」が、FXチャートの一番活発な時間となります。主に「9時から12時を日本時間」「15時から18時までを欧州時間」「22時から2時までをアメリカ時間」と呼ばれています。取り扱う通貨によっては、この時間帯を理解してトレードに臨む事で、利益拡大や損失最小のチャンスが生まれやすくなるのです。

上記のように、FXは為替市場が24時間常に動いているので、いつでも取引する事が出来るのですが、実は、売買注文が出来なくなる時間帯があるのです。
それは、FX取引会社がシステムメンテナンスを行っている時間帯です。

ほとんどの会社は、相場の変動が起こりにくいと言われている、毎朝6時頃から約20分間を利用して、定期的なメンテナンスを行います。また週末の土日も行う事が多く、これらの時間帯はトレードが出来なくなくなりますが、システムによっては為替チャートが見れなくなります。仕事がお休みになる土曜日や日曜日に、過去のチャートを見て確認や分析をされたい方にとって、非常に重要な問題となります。

また、利益確定や損切りの為に設定している「指値・逆指値」についても、この時間帯は決済されませんので、ポジションを翌朝まで持ち越す場合においては、充分な注意が必要です。このメンテナンス時間は、各FX取引会社の公式サイトに公表してありますので、確認しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で