FXで重要なことは、「為替レートの変動」がどのようになるか予想することです。そもそも為替レートは、なぜ変動するのでしょうか?
為替相場は、「為替レートを外貨の需要と供給の関係に任せて、自由に決める」という制度を採用している点を覚えておいて下さい。つまり、普段のコンビニやスーパーと同じように、「買いたい人」「売りたい人」とのバランスによって、為替レートは変動しています。

「米ドルを売りたい人が多ければ、米ドル日本円の通貨ペアの値段(為替レート)は下がる」
「一方で、米ドルを買いたい人が多ければ、為替レートは上がる」と覚えると分かりやすいでしょう。

しかし、FXは世界中の様々な市場で取引が行われていますので、どういった人がどれだけ米ドルを買おうとしているのかが分かりません。
よって、今後の為替値動きが予測するために、様々な関連情報やニュース、テクニカル分析方法が必要となるのです。

FXをこれから始めたいと思っている方の多くは、資金以上の損失になるのではという心配があるようです。
取引を始める為には、証券会社にFX口座を開設して、指定口座に手持ちの資金を振り込みます。つまり、為替取引は、その金額に応じた通貨量で開始されるのですが、通常はどんなに負けてもその資金以上の損失は出ないようになっています。

その理由は、FX証券会社の方で、口座に保有してる資金に対して、ある一定ラインまで損失すると、強制的にトレードを決済させる「ロスカット」を行うためです。これによって、口座に保有してある資金以上の損失、つまりは借金をせずに済むのです。

しかし、アメリカの雇用統計と言った「経済指標」の発表がある時間帯は、為替レートが大幅に変動する場合がございます。この様な場合は、証券会社が設定してあるラインを、瞬時に飛び越えてしまう恐れがありますので、そのような発表の際は十分に注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で