初心者: だから先輩、聞いて下さいよ。

先輩 : 何だよ。今度のライブのために、新曲のコールを覚えてるところなのに。どうした、FXのことか?

初心者: はい、それが最近全然駄目で困ってるんすよ。やっぱり簡単にはいかないもんですね。

先輩 : そりゃあ、そうだろ。だからこそ面白いじゃん。

初心者: 先輩はいいっすね、前向きで。僕なんか思い切ってエントリーしても5pipsとかマイナスになっちゃうと、びくびくしちゃってすぐに決済しちゃんですよ。

先輩 : なんでそんなにビビってるんだ。損切りは設定しているのか?

初心者: はい、ちゃんとしてますよ。でも、負けるの嫌じゃないですか。僕は全部勝ちたいんです。

先輩 : で、エントリーから決済までどのくらいの時間の間隔で決済してるんだ?

初心者: 30秒から1分くらいですかね。それ超えちゃうともう耐えられないです。

先輩 : なるほどね。どうやら、エントリーしている取引数量に問題がありそうだな。もしかしてだけど、お前、一気に勝とうとしてかなり大きな取引数量でエントリーしてないか?

初心者: なんで、分かったんですか?もしかして僕のこと、ずっと後ろから見てました?

先輩 : お前馬鹿だろ。そりゃあ、買ってかなり嬉しい金額ってことは、負けるのが相当怖い金額ってことだろ?それじゃあ、ビビるのも当然だよな。

初心者: 大きく勝ちたい、それのどこがいけないんですか。

先輩 : そもそもFXは、買い注文と売り注文のレートが違うだろ?それをスプレッドっていうんだが、その時点で損からのスタートということを頭に入れなきゃ駄目なんだよ。

初心者: 確かに。エントリーしたらすぐに金額がマイナスになるもんだから、もう焦ってびくびくしちゃってます。

先輩 : いいか、FXというのはな。初心者はなるべく取引数量を小額に抑えて、投機回数を増やすことで、確率を検証していく必要があるんだ。その物差しがオシレータといって、チャートをあらゆる数式で計算した分析ツールがあるんだよ。それを基に、自分のエントリーに根拠を持たせなきゃ、いつまでたっても‥‥やべ!もうこんな時間だ。握手会に遅れる!続きはまた今度な。

初心者: 待って下さい。最後にこれだけは教えて下さい!

先輩 : 何だよ、何を教えて欲しいんだ?

初心者: その握手会、どこでやるんすか?!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で