FXは通貨ペアの上がり下がりで差金の部分を利益として獲得する証拠金取引ですが、この投資法で一番重要なのは、その証拠金の管理ということになります。

FXの初心者は間違った方向にポジションを持ってしまった場合でも出来る限り損切りを遅らせてもとに戻ることをじっと我慢して待つといったような取引を行いがちですが、本来重要なのは、いかに証拠金を減らさないかであり、そのために自分で設定した自主ルールに基づいて、ロスカット、つまり損切りをしっかり行うかが、この投資を続けられるかどうかの最大のポイントになるのです。

一定の損失がでたらとにかく無条件でロスカットを行っていくという習慣をつけていけば、ここ一番のときに必ず証拠金を残しておけますので、大きな利益を上げる機会に恵まれることになります。

FXで大きな利益を継続してあげてきている人たちが異口同音に言うのは、利益を出すことよりも証拠金を以下に守り維持することかということにつきるといいます。

実際に取引をしてみますと、やはりうまくロスカットができないばかりにほとんどの証拠金を失うケースが実に多いことを実感させられます。

こうした習慣はFXを始めるときにまず身につけてしまうことが望ましいといえます。

自分のルールでロスカットができなければ、いくら儲かっても必ずまた大きな損失を被ることになるのです。

この繰り返しをどう乗り切るかは、まさに損切りにかかっていると言っても過言ではないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で