私もFX初心者の頃は、よく失敗をして何回かやめようと思ったこともあります。

特に、初心者は、損ぎりが遅れて失敗することが多いようです。

私も経験ありますが、少し塩漬けにしたら、また価格が戻ってくるだろうと損ぎりしないで、スワップを貯める!と勝手な都合で取引していました。

確かに、塩漬けしても90パーセント以上は、価格が戻ります。ただ、いつかは戻ってこない時があるので、その時にロスカットされてしまいます。

私も、ロスカットされて、朝、起きたら、150万円ほどあった資金が30万円までに減っていました。

やっぱり、損ぎりを入れない取引は、いつか破滅してしまうので、ポジションを持ったらすぐに損ぎり注文を入れることです。

あと、初心者の頃は、よく適当にエントリーして失敗することも多いと思います。エントリー、利益確定、損ぎりの中で一番、大切なのは、ポジションを持つ時です。

私も経験ありますが、ずっとチャートを見ていると、ポジションを持ちたくなってしまう、いわゆるポジポジ病に取り付かれてしまいます。

なので、初心者は、ずっとチャートを見ているのはよくないと思います。

勝ち続けているトレーダーは、意外とチャートチェックはそれほどしていなく、東京やロンドン、ニューヨーク市場がオープンした時を狙った取引しています。

また、この時間帯は、相場の動きが活発になるので、利益を出しやすく、初心者にもおすすめです。

動かない時間帯にポジションを持つよりも精神的にも楽だし、早く決済できるので、リスクを抑えられると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で