FXの最大の特徴である、「レバレッジ」について説明したいと思います。
個人でもすべてのFX取扱業者において、最大レバレッジ25倍までの取引が可能となっています。この「25倍」という数字は、分かりやすく説明すると、取引したい通貨量の「25分の1」の資金(=FXでは証拠金といいます)で取引可能ということになるのです。前回ご説明した通り、各会社によって取引が出来る最低通貨単位というものは異なってきますが、仮に「1万通貨」の場合は、「4万円」の証拠金があれば、すぐに取引が開始できるということなのです。

最近ではよくテレビや特集などで、「10万ドルの売買がうまくいった主婦」「1万ドルの損失したサラリーマン」というコピーがかかれていたりしますが、上記のレバレッジに当てはめると、それぞれ実際に動いた証拠金は、「40万円」「4万円」ということになります。そう聞くと、少し安心する部分と拍子抜けされる部分もあるかと思います。つまりは、自己資金がそれほど用意できない個人投資家の皆さんにとっては、とても可能性が広がるというメリットがございます。


高レバレッジは、ハイリスク!しっかり理解してメリットを活かそう

しかしながら、少ない資金で始められるからと言って、余裕のない取引数量=掛け金でトレードを頻繁に行うのは得策ではございません。レバレッジを効かせて高額取引が可能な反面、予想の外れや誤ったトレード方法を続けていると、最初は少ない額で済んだ損失も気が付けば、その少ない額を何度も繰り返すことで、気が付けば大きな損失を出していることがございますから、注意が必要です。
つまり、レバレッジが10倍になるといことは、利益率も10倍になる反面、損失率も10倍になるということです。FXトレードのレバレッジのメリットを本当に有効に利用しなければ、時にはそのままデメリットとなります。

それでも、FXは資金効率がかなり高いので、株式投資はレバレッジ1倍でありますから、それと比較しますと様々な通貨ペアや、相場の転換などを把握することで、いろんな可能性を秘めています。しかし、次回お話しする「自己資金規正比率」によって、実はFXは自己資金以上の損失が出ないようになっていますので、安心してFXトレードを行うことが出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で