安恵: 高江、教えてもらえるかな。FXの過去のチャートを見ていると、それまで順調に上がってきているのに、急に落ちたりしてるけど何でなの?

高江: 結構勉強しているのね、安恵。そうね、その頃はきっと、「リーマンショック」の影響ね。

安恵: たしか、リーマン・ブラザーズっていうアメリカの投資銀行が、まさかの経営破綻っていうニュースよね。

高江: アメリカの投資市場の中でも、特に豊富な資金力を持っていて、とても有名で権威のある企業だったのよ。それが急に、というか悪化をなるべく隠していたのね。

安恵: そうなんだ。でもそれだけが理由で世界中の株価やFX為替に影響が出てくるの?

高江: リーマン・ブラザーズは、確かに巨大な投資銀行だったけれど、安恵の言う通り、その企業の業績悪化だけではこんなに大きく変動しないわ。

安恵: じゃあ、なんでこうなったのかな?もしかして、他の企業でも隠蔽しているとか?

高江: 安恵、鋭いわね!実際は隠蔽していないのかもしれないけど、それだけの企業が不正もなく倒産したのであれば、安恵のように疑うわよね?その不安が売買取引を加速させたのよ。

安恵: つまり、私が思ったようなことを皆も感じていて、それが株やFXの相場に影響したってこと?

高江: 例えば、この有名ブランドのバッグがあるわよね。これは実際のコストというのは、普通の鞄とそう大きく変わらないの。でもデザインだったり品質保証だったりと、ブランドへの信頼感がそこまでの価値を生んでいるのよ。

安恵: そっか、じゃあこのブランドバッグの価値も、私たちが決めているってことなのね!

高江: ホント冴えてるわ。私たちがそれだけの金額でも買うほどの価値があるから、その値段が成り立つのよ。相場においても、全く同じ事が言えるわ。

安恵: すごい勉強になったわ!ところで言いづらいんだけどさ。そのバッグ、何かのサイトで見たんだけど。

高江: 何?ハッキリ言ってよ。

安恵: それ、偽物よ。

高江: 高江、ショック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で