FXのみならず、株式やその他の投資市場においても使われる「ナンピン」「塩漬け」という言葉を聞いた事はございますでしょうか?

 

今回はこの2つのキーワードについてお話しします。

 

「ナンピン買い」とは、相場が反転する事見込んで、つまりはトレンドの予想とは反対に、損失を出す形でわざとエントリーします。

 

これはFX初心者は避けるべきといわれており、ベテランやプロでもなかなか成功しないと言われていますが、劇的な相場の反転があると通常より大きなpipsを獲得するチャンスであるとも捉えられます。

 
つぎに、「塩漬け」についてですが、上記のナンピン買いが大失敗に終わり、損失が拡大していくにも関わらず、損切り決済を行わない状態を指します。

 

つまりは、「また戻るまでそのままにしておこう」ということです。

 

相場が戻った際には、当然何事もなかったかのようにチャラに出来ます。

 

一方で戻らなかった場合は、含み損が増すばかりで、気がつけばマージンコールがかかり、最後は強制決済ロスカットという可能性もございます。

 
上記の2つは、トレンドやテクニカル分析とは全く相反したトレード手法となりますが、一概にも全く駄目であるかと言うとそうでもございません。

 

うまく行けば大幅な利益獲得ですし、スワップ金利を獲得する場合は、こういったトレードをわざと行っている投資家もいますので、様々な手法を小さな金額で試してみるのも良いかもしれません。

 
ここで一つの言葉を紹介したいと思います。

 

【Don’t catch a falling knife.】直訳すると「掴んではいけない。落下しているナイフを」という意味です。

 

まさに「ナンピン買い」の欠点を象徴しているかのような言葉ですが、つまりは価格がこれだけ安いのだから反転したときは儲けられる!という安易な気持ちで注文するのは危険だと言う事です。

 

まずは落ち着いて、相場の状況が反転を始めてそれが確認されたら注文をすることは、決して決断が遅いということではないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で