ポンド円トレード

おはようございます、たかはしです。


月曜日に結構負けたことはココで書きましたが、昨日の夜取り戻すことが出来て幸せであり寝不足な朝を迎えました。


スクリーンショット 2016-07-13 6.22.58


確か22:30過ぎにポンド円が高値であったにも関わらず、超えないと思っていたポイントをらくらく越えていったので、思わずエントリーしてしまいました。


月曜日からものすごい勢いでありながらも、全く衰えていなく、日経・ダウ・ドル円も高値に張り付いていたので、まだ行けると判断しました。


見るたびに高値更新を続けていたので、結構怖かったけど、結果的に数時間で150PIPS獲得できました(´∀`*)


ドル円が105円という大台を超えられなかった事と、イギリスの利下げが明日発表ですので、深追いせず諦めました。


リスクオンとリスクオフ

リスクオン相場とかリスクオフ相場とかってキーワードよく聞きますけど、コレってどういうことかわかっていない人が居るかもしれないので、僕なりの解釈を説明しておきます。


基本的に円売りを基本スタンスとして考えているんだろうなという値動きに感じます。


今は、ほとんど下落することなくほぼ一直線に上昇していますが、リスクオン相場です。


イギリスのEU離脱投票で大きく下落していた分を、世界が一気に買い戻すような動きで、周りがそれに追従しているのが見ていてよく分かる値動きになっていますね。


リスクオフ

リスクを取ってまで相場に参加するメリットが無い状況。


円買いはリスクオフになるので、みんなが一気にポジションを手放すため、下落速度が早い。


今までホールドしていたロングポジションを手放すイメージ。


リスクオン

リスクを持ってでも相場に参加したい状況。

円売りはリスクオンになるので、周りをチラチラ確認しながらゆっくりと買い上げるため、上昇速度が遅い。


誰しもが出来るだけリスクは取りたくないので、ビビりながらロングポジションを持つイメージ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で