天井圏の攻防戦?

先日から乱高下しながらジリジリ高値更新し続けているんですが、ひょっとして今現在為替相場は天井圏なんじゃ無いのかな?と思ったのです。





ブレイクしたと見せかけて、何度も叩かれて居るのがおわかり頂けるかと思います。


日銀黒田氏の会見後、完全にブレイクしたのに3時間ほどで戻されました。


昨日までは上昇トレンド継続かなと思っていたんですが、今日の日銀会見の前戻しを目の当たりにしてしまうと、値動きが怪しく見えてきます。


ひょっとすると、今現在の相場は天井圏の攻防戦が行われているんじゃ無いかという視点で考えてみると、叩かれまくるのも納得できてしまうんですよね。


北朝鮮リスク後退から次の予測トレンド



赤枠で囲っている箇所は北朝鮮リスク後退による急上昇です。


ポンド円は1週間で約10円上昇しました。


そして今週は全く別の動きで上昇を押さえ込む感じで推移しています。


大口のストップロスを死守するために上昇を叩いているのは分かるんですが、何度も突破されていますので、そろそろ本気を出す頃なんじゃ無いかなと思っています。


急上昇の調整による下落もまだ起きていないので、その点も合わせると一気に下落する可能性も否めません。


テクニカル的にもこのまま上昇し続けるのは流石に無理があるんじゃ無いかと思いますし、チャネルの観点で考えると次は下落トレンドが待っています。


どこまで下落するかは分かりませんが、北朝鮮リスクの半値戻しまでは可能性としてあるんじゃ無いかなと思っています。


とにかく、150円を割り込まないと話になりませんので、正常な相場に戻すためにも一度落ちてくださいw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で