こんにちは、たかはしです。


アメリカ大統領選挙を控えたドル円の値動きについてですが、ジリジリと上昇を続ける日が続いております。


usdjpy-d1-trading-point-of


ヒラリー氏が優勢とのことなので、こういう値動きになっているのですが、比較的予測しやすい値動きだったかと思います。


最近はHFも大人しい印象を受けるので、なおさら素直に動いていた気がします。


今が本来の相場の姿という感じですかね(;´∀`)


高値としては105.05近辺で頭を抑えられてガクッと落ちてしまい、日足的には陰線で終わっています。


コレで100円から105円のレンジ幅が確定と言ったところでしょうか?


選挙でヒラリー氏が勝利すれば110円突破路線で、トランプ氏が勝利すれば100円突破する可能性が想定出来ます。


来週1週間は、選挙前ということで、レンジ内に収まると読んでおりますが、最近おとなしかったHFも仕掛けやすい状態になってきているので、今まで以上に注意が必要となるかもしれません。


ハイレバトレーダーはとても参戦しづらい相場になってきていますが、レンジ上限を意識して売りで仕掛けるか、下限まで戻るのを待って買いで仕掛けるか悩ましい所です。


チャート的を素直に捉えるのならば買いでしょうし、ひねくれた見方をすれば売りですよね。


いずれにせよ、今は参戦しにくい状況だと思いますので、来週はじっくり休んで選挙後の値動きに注目するのが良いかもしれませんね(´∀`*)


ちなみにですが、ブックメーカーのウィリアムヒルでは、アメリカ大統領選挙のオッズは今現在こうなっています。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-15-01-05


やはりヒラリー氏になるんでしょうね〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で