こんにちは、たかはしです。


イギリスの国民投票までトレードはしないと決めたので静観しておりますが、今日の2時にブチ上げたのを見て、危うくトレードしそうになりました(;^ω^)


気晴らしではないですが、今回はシステムトレードについてちょっと書いていこうと思います。


システムトレードとは

代表的なFXツールといえば、MT4ですね。


よくEAとか言われているのは、MT4上で動作する自動売買プログラムの事です。


プログラムと言ってもそんなに難しくはありません(多分)。


C言語というプログラム記述言語にとても似ているので、結構シンプルに記述できます。


MetaEditor

EAやインジケーターを作成するのに必要なエディターはMetaEditorです。


MT4に標準で付属されているエディターです。


これ一つでEAでもインジケーターでもスクリプトでも作成が可能です。


僕も何個かオリジナルのインジケーターを作成して公開しています。

例えばAreaとかですね。


MetaEditorは画像の四角で囲っているアイコンをクリックすると起動します。


スクリーンショット 2016-06-21 16.03.26


プログラムロジック

僕は元々プログラマーなので、ある程度プログラムには強いです。


プログラマーが書くコードは汎用性があって、修正に対して影響が出にくいコードで書くように叩きこまれたので、今でも自然とそういう書き方になってしまいます。


で、僕の中でEAを動かすには2個のプログラムを作るように意識しています。


1つはシグナルを生成するインジケーターで、もう一つはシグナルを拾って動かすためだけのEA。


シグナルを修正したい場合は、EAを修正する必要がないし、EAを修正したいならインジケーターを触る必要はありません。


これが修正に対して強いコード(修正が既存処理に影響を及ばしにくい)です。


分けるのが面倒だという意見が聞こえてきそうですが、分けておいたほうがプログラムがシンプルになり、要らぬバグを産みにくくなりますので、僕は分けています。


なので、シグナル生成のインジケーターは純粋に売買シグナルを表示させるためだけのプログラムとなり、売買根拠となります。


そして、肝心のEAは売買ルールを定めたもので、いつエントリーして、どのタイミングで決済するか、トレールで追従するか、ナンピンするかなどのトレードに関するルールやテクニックをプログラムに実装していきます。


無料で流通しているインジケーターをEAに組み込むことも可能ですし、EA開発には無限の可能性を秘めています。


シストレにおいて重要視していること

ぶっちゃけ、EAのルールさえしっかりしておけば、ある程度のシグナルを出すインジケーターなら利益を出すことが可能だと思っています。


肝心なのは、トレードルールを定めたEAです。


利確幅、損切り幅、トレールやナンピン、追加エントリー、これらをうまく活用せねば安定した成績を出すEAにはなりにくいと思います。


最近で言えば学習するEAとかもあるらしいですし、良いアイデアがあれば良いEAに大化けするかもしれません。


もちろんシグナルも大事です。


ですが、それ以上にトレードルールってのがとても大事なんです。


何より、論理的にルールを決めるので、自分のごちゃごちゃした頭のなかを整理できたりもします。


という訳で自分でEAを作る意欲のある人は積極的に触っていった方が良いと思います。


僕は頑張ってる人が大好きです。


誰もがやったことがないことに対しては抵抗がありますし、諦めがちですが、人間やる気さえあれば何でもできるんですよね。


そういう人には、全力でアドバイス&サポートしていきますので、気兼ねなくお問い合わせくださいませ(´∀`*)


余談

EAって自分で使ってもいいし、販売してもいいし、GemTradeに登録しても良いんです。


プログラムを書けることによって、稼げる手段が広がります。


まだまだ長い人生を生きていかなくてはいけないので、より多く稼げる手段を持っていることに越したことはありません。


ひょっとするとトレードより稼げるようになるかもしれませんよ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で