先週末ギリシャ選挙による下窓を見据えて、市場クローズ直前にショートを大量に仕込んで週末を迎えました。

早朝、ピーク値で約2円落ちていたので、約300万円の利益がでていたのですが、ジリジリ上昇を初めてずーっと耐えていました。

そう、選挙結果が98%の開票率の状態で日中が過ぎていたので、100%の開票率で暴落が来ると読んでいたからです。

しかし、東京時間はジリジリ上昇をし続け、またいつもの買い支えだろうと思い、絶えておりましたが、ロンドンがオープンして情報の勢いは更に加速を続け、今記事を書いている時点で建値より約1.5円も上の位置にいています。


・・・これ、何・・・?

ユーロは金融緩和をするんじゃなかったの?
ユロドルはパリティを目指すんじゃなかったの?

どうして私が大量にポジションを持っている時に限って大相場になってしまうのでしょうか・・・

しかも逆方向に・・・


300万円の含み益はとっくに消えて、損失が発生していますので、今は133円のショートを握りしめながらこの記事を書いています。

お願いだから安値更新して(;;)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で