こんにちは、たかはしです。


今日は久々に半分休みみたいなまったりした感じで過ごしています(´∀`*)


ドル円チャートをチラチラ見てはいましたが、全く動いていません。


コレではなかなかトレードをしようと言う気持ちになりませんよね・・・


今は選挙とか政策金利とか、アメリカが主導権を握っているので、これらが終わるまでは下手に手出しできたものではありません。


では、本題に移ります。


エントリー枚数

皆さん、エントリーするときの枚数ってどうしていますか?


例えば原資の数%とか、固定の枚数とかが一般的ではないのかと思います。


最近トレードは控えていますが、僕の場合40万円入金でポンド円100万通過が普通になってきています。


1PIPS1万円の損益で10PIPS10万円の損益となり、あっという間にロスカットされたりもしますが、100万円までの道のりもそう遠くはありませんので、やっていて楽しいです。


例えるなら、今の相場を生きているという感じですw


でも、僕みたいなハイレバはレア中のレアだと思いますので、皆はどれくらいの感じやっているのかな〜?って実は気になっていたりしますw


10万円入金で1万通過とか、2万通過とかですかね?


2万通過なら約5円の逆行にも耐えれますし、長い間楽しめそうではありますが、マイナス圏で推移された場合のことを思うと、しんどくなります(´Д`)


ロット数を上げる時

ちまちまFXをするのは性に合わないので、僕の場合は利益が原資の2倍になった時に、ロット数を上げたりします。


なので、200万通過までは一応経験したことがありますw


一般庶民からすると、この感覚は独特で手が震えて心臓が飛び出そうになりますw


複利で運用すると細かい単位でロット調整したりしますが、裁量でやる場合は僕みたいにざっくりした感じになるかと思います。


リスクは増えるけど、利益が増える可能性があるので、たまにはロットを上げて刺激と利益を求めてみませんか?


手堅く小ロットでコツコツも堅実で良いとは思いますが、だめな時にはどうせ無くなるんだし、ロットを上げる楽しさを分かってほしいなと思う今日このごろですw


取引口座に原資をたくさん入れておかない事が一番安全です!


ココぞという時

ココぞという取引チャンスを伺い続けて、1日が終わった経験をしたトレーダーって結構いてると思います。


ココぞという時はどういう時ですかね?


経済指標で登録されているようなイベントとかだとある程度アクションを合わせやすいですが、スイス銀行の上限撤廃の様に突発的に起きるような出来事には普通の人は対応できません。


そういう時を待ち構えていても時間の無駄だし、きっと乗り遅れて乱高下に巻き込まれて死亡するパターンが目に見えます。
※何度も巻き込まれた経験がありますw


ココぞという時に備える唯一の方法は「逆指値」しか無いんですよね。


緊急相場に対応したEAとかもありますが、逆指値が誰でも簡単に使える技だと思います。


また、そういう時ってアホほど動きますので、ロットを大きく設定しておいても大丈夫なことが多いです。


でも、あまり近い値で逆指値を設定するとドキドキしますが、このラインをブレイクしたら戻らないだろうな〜と思うラインやずっと抑え込まれているラインから少し余裕を持ったレートで設定しておくと毎日の刺激にもなりますし、お金を使わずに楽しめたりしますw


ドル円で例えるなら、100円をなかなか明確に割らないので、97円売り逆指値みたいな感じですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で