こんばんは、たかはしです。


2062氏の予言があってから、どうにもオカルト的な話に興味を惹かれてています(;^ω^)


中でも経済に関連しそうな話も幾つかあったのでこれを機会にキーワードを整理しておこうと思いました。


スライブ

これについては以前記事で書きました。


結局、僕達は庶民で消費を促される納税者であり、超エリート企業の思うままに操られている奴隷のような存在です。


超エリート企業に対して不利益を与える存在であるならば圧力を掛けられてしまう、とても弱い弱い存在です。


そんな話が事細かく説明されており、とても怖くなりますし、この動画を見るまではそんなことなんて思ってもいませんでした。


でも、現実にこういうことが行われているんですよね・・・


アメリカの超エリート企業(財団)が世界を牛耳っているということです。


ジェイドヘルム

細かく知りたい人は「ジェイドヘルム」で検索してみてください。


2015年にアメリカの7州で超大規模な軍事演習が行われました。


戦車や軍事車両など何千台も出動して一般市民が暮らしている地域で突如行われたようです。


もちろん住民には何の告知もないまま行われたのでちょっとしたパニック騒動がありました。


どういう意図があって大規模な軍事演習が行われたのでしょうか・・・


何千台の軍事車両の出動だけでもものすごいお金が動いていることでしょうし、きっと何か意図があるはずですが、一般人には公開されていません。


このジェイドヘルムは経済崩壊の序章だとも言われており、オバマ政権もぼちぼち終わるし、今年マジでなにかとんでもないことが起きるのでは・・・


オバマ政権は中国と関係があるようなので、政権交代と同時にそのへんで一悶着ある気がしてならない。


ジョージア・ガイドストーン

134496047376413106436
詳しくはWikiで読んで下さい。


  1. 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
  2. 健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く
  3. 新しい生きた言葉で人類を団結させる
  4. 熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する
  5. 公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する
  6. 外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する
  7. 狭量な法律や無駄な役人を廃す
  8. 社会的義務で個人的権利の平衡をとる
  9. 無限の調和を求める真・美・愛を賛える
  10. 地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと



2番目以降は普通の事が書いてあるのですが、1番目の項に恐ろしい事が書かれています。


今現在世界の人口は70億人を突破しています。


楽に5億人は突破しています・・・


viewimg.php

ソース:国連人口基金東京事務所



どうやって5億人以下に調整するつもりなのでしょうか・・・


地震兵器(人工地震発生装置)

vu-khi-trong-game-red-alert-tu-vien-tuong-den-hien-thuc
アメリカにはHAARPという装置があります。


アメリカに限らず、昔から世界で人工地震装置は積極的に開発されていたようです。


このHAARPについて調べていると、どうにも3.11と関連があるような記事が多数見られました。


根拠はありませんが、3.11はHAARPが引き起こしたとの噂があるようです。


マジデスカ・・・


もしそうだとした場合、どうして日本が標的にされてしまったのか?


気になりますね。


憶測

ガイドストーンに記された5億人以下を達成するための手段としては色々考えられます。


地震大国である日本を標的にしてHAARPで壊滅的な被害をもたらし、経済崩壊させる。


スライブ的に考えると、日本が壊滅的被害を被ることで特定の企業が儲かる仕組みがあってもおかしくない。


さらに、経済危機を理由にジェイドヘルムが拡大して市民に死傷者が出だすと、どうなるのか。


中国、アメリカ経済崩壊で第3次世界対戦勃発となってもおかしくない。


一気に世界人口を減らすシナリオはいくつでも考えられるし、何が起きてもおかしくない状況がすぐそこにまで来ているのかもしれません。


こんなことばかり考えていても鬱になるばかりなのですが、どうにも財閥が仕組んでいそうで気持ちが悪いんですが、スライブ的に考えれば辻褄が合う気もするんですよね(;´Д`)


もしかして、アメリカでとらえた宇宙人とアメリカが手を組んでいたりするのかも?w


っていうか、アメリカってこういう秘密話多すぎ!


陰謀説が後を絶たないのも妙に納得してしまいます。


とまぁ、こんなご時世ですが、悔いのない様に精一杯生きていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で