今週の引け間際のチャート

gbpjpy-h1-trading-point-of


こんばんは、たかはしです。


ラスト1時間ですごい勢いで落ちたのってクーデターが原因だったのですね。


突発的にクーデーターが起きて急速に対応した様な終わり方でした。


しかし、軍がクーデターを起こすなんて思ってもいないし、自軍に対して空爆を行うとか、もう別世界の話にしか思えません。


まるで、ガンダムの世界のような話です(;^ω^)


もう少し長引いて来週以降に思いっきり影響をあたえるようなニュースだと思っていただけに、いろいろとビックリです。


クーデターの影響を受けるかどうかがとりあえずのポイント

ニュースに敏感な人は、週末クローズ前にショートを仕込んでいると思います。


自体は収束したとの事ですが、多くの死傷者を出した点と、自軍内でプチ戦争が行われた様な感じになっているので、とりあえずネガティブ扱いされるでしょうが、影響は限定的になると思っています。


数日前にNYダウが最高値を更新しているし、日経も追従していて何としても上げようとしている強い意志を感じます。


そこに今回のクーデターです。


普通に考えて、オセアニア勢は一旦下げてくるかもしれませんが、東京以降は上昇相場を再開してくる可能性が高いです。


ロンドンとNYは全く読めませんw


いずれにせよ入れば殺しの相場がまたしばらく続きそうですので、リスク管理だけはしっかりとするようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で