明日10月10日は朝鮮労働党創建記念日です。


何らかのアクションが行われると思っている人が大多数です。


そんな中、僕の大好きなポンド円は10月9日は上げ上げモードで結構戻していきました。


ドル円もほとんど動いていない中でのこの戻しなので、当然ポンドドルも結構戻しています。







ポンド円は38.2%で反発、ポンドドルは61.8%で反発しました。


フィボナッチで反発と言うことは、いったん下げ止まって上昇する可能性が高いという風に考えられます。


つまり、押し目である可能性が高いです。


そんな中、現在の下げ要因である北朝鮮の記念日が邪魔で仕方ありません。


何も無ければこのまま上昇を続けるでしょうし、仮に何らかのアクションがあってもいつもみたいに瞬間的に戻すのでは無いかと考えています。


ただし、今回は記念日であり、アメリカと口喧嘩しているじょうたいなので、どれだけ落ちるかは予測できません。


当然、ミサイルや水爆発射のタイミングでHFが仕掛けてくるでしょうから、明日は何もしない方が良いかもしれませんね(;´∀`)


今の状況はトレンドがどうなるか判断しづらく、微妙なポイントで攻防していますので、しっかりとトレンドの方向を見極めたいと思います。


ポンド円に関しては23.6%戻して149.6円、このまま下げ継続で50%で146円です。


どちらかは直近で必ず通る通過点です。


でも、どちらに行くかは分かりません。


突っ込みすぎないように注意しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で