こんばんは、たかはしです。


今日は雇用統計でしたね。


仕事から帰宅したのが21:15分頃でしたので、食事をしながら結果発表を眺めていました。


スクリーンショット 2016-06-03 22.39.58


この結果、かなり雇用者数悪いですが、失業率がいい結果となっています。


この記事を書いている段階ではドル円はズルズル下落を続けていますが、何れ失業率が材料となり巻き戻すのではないかと思っています。


さて、本題に入ります。


先日書いた記事でチャートの見方について書くと言いましたので、その続きを書いてみたいと思います。


まずは論より証拠で、結構久しぶりのトレードになりますが、パターンにハマったので、雇用統計後の相場でポンドをエントリーしてみました。


スクリーンショット 2016-06-03 22.47.04


いつもならもうチョット長い間ホールドするんですが、久しぶりなので数秒しかエントリーしませんでしたw


その時のチャートはこちらです。


スクリーンショット 2016-06-03 22.37.15


米雇用統計の発表ですのでドル主体で動くと考えています。


この場合の根拠としては、ドル円が下方ブレイクしたと同時に、ユーロポンドが上昇したと同時にポンド円が下落を始めたのを確認したからです。


エントリーした瞬間はポンド円とドル円の下落幅はほぼ同時でしたので、ポンドドルはそこまで動いていなかったのですが、ユーロポンドとリンクした動きであることを確認出来ていたので、結構安心してエントリーでしました。


1度目のエントリーが成功した感じでしたが、久しぶりということでチョットビビってしまい早期撤退してしまったのが、悔しいですがまぁ、また今度取れると思いますので良しとします。


ということで、今日のエントリーはドル主導相場でドルブレイク確認後のユーロポンドで確証を取ったという所です。


チョット簡単ではありますが、今日の所はこんな感じにしておきます。


質問等あれば可能な限りお答えしますので、ご遠慮無く連絡下さい。


と、いい結果が出たから調子よく書いていますが、一応根拠あってのトレードということだけご理解頂ければと思います。


追記(23:30)
エントリー建値から150PIPSほど落ちてしまいましたので、決済していなければ150万円ゲットということでした・・・


ビビりすぎるのも考えものですねw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で