こんばんは、たかはしです。


今に始まった話ではありませんが、東京時間で動いた値動きを一気にロンドン時間の始めに一瞬で潰されることが多いですよね(;´∀`)


僕が思うに、これはロンドンHFのストップ狩りだと思います。


日本という国の性質上、東京時間は円安になることがとても多いです。


よく見るパターンとしては、東京時間でジリ上げした値動きをロンドン初動で一気に安値まで落とし込み、そこからV時回復して高値更新というパターンです。


これは、東京の短期トレーダーの買い注文のストップロスを狙った動きだと僕は思っています。


ロンドン何がしたいねん!と言う値動きに翻弄されることも多々ありますが、ロンドン初動はストップ狩りで上値も下値も刈り取って値動きを軽くして一気に仕掛けてくる性格の悪い連中です。


こう言う動きを頭に入れておくと、無駄な損切りも減るし、欺しによるエントリーも減ると思います。


もっと言うと、ロンドン初動時間はエントリーを回避して、初動をしっかり幹分けた後に、流れに乗っかるのが安全かなと、過去の経験からそう思います。


各市場の時間別に値動きのパターンが異なりますので、ハイレバトレーダーは時間帯別に細かく離隔するなり両建てで凌ぐなりの戦略はやはり重要なんだなと最近よく思うようになりました。


一気に動くときは壊れたように一気に動きますが、基本的には細かいレンジ幅の繰り返しで一気に動くトレンドはごく希です。


ハイレバトレーダーはレンジ上限では売り、レンジ下限では買いを徹底し、細かく離隔することで利益を積み重ねるのが精神的に楽だと思います。


少なくともロンドン初動時間は乱高下することが多いのでハイレバトレーダーにとってはストレスになることが非常に多いですし、損失を被るパターンが多いです。


トレードの時間帯、今更ですが気をつけていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で