証拠金計算ツールに対する要望と問題

新年早々忙しくなりそうな予感を感じております。

というのも、最近証拠金計算ツールに対する要望を何個か受けております。

実現可能・不可能はさておき、今現在受けている要望は下記の通りです。

  • 過去レートで計算したい
  • ゴールドや原油なども計算したい
  • MT4版が欲しい
  • ドル建て版が欲しい

これらを整理すると、現状の仕組みでは実現出来ません。

まず、MT4版の計算ツールに関してですが、これは使用する業者のMT4によって表記パターンが違ったり、表示するペア一覧の表示を自分で制限出来たりするので、計算エラーになる可能性が高いのです。

MT4版についてはある程度作り込みはしているのですが、上記の問題を解決するのがとても難しいため、ちょっと難しいかなーと思っていますし、MT4ということもあり、外出先から利用できないというデメリットもありますので優先度は低めに考えています。

そして、皆さんが使っているWEB版の計算ツールですが、外為オンライン様が提供するリアルタイム為替レートを抽出して計算式に使用していますので、現在の仕組みではこれ以上のことは出来ないのです。

これらを実現するためにはゴールドや原油、そしてリアルタイム為替レートと過去レートが必要になってきます。

ということは、MT4のレートを自前で用意するしか手段はありません。

自分でデータを用意するとなればデータ専用のサーバーとデータベースが必要になってきます。

レンタルVPSで実現できるので、これについてはそれほど問題ではありませんが、どの期間までのデータを保存しておくかがポイントなります。

そもそも、過去データでの証拠金計算自体需要があるのかな?という疑問と、それに掛ける労力と経費が合わないような気がしているので、踏ん切りが付かない状態です。

イメージ的にはこんな感じです。


赤い四角が作り込み部分です。

作るのが面倒くさいといっているのでは無く、作り込み箇所が増えた場合、問題が起きたとき広範囲に調査しなくてはいけないので、今までみたいに問題が起きても直ぐに復旧できなくなる可能性と、バグが多くなるということですw

このツールは趣味で作っている物なので、当然僕一人で実装しています。

そして、入力制御やエラー制御などは面倒なので今時点で実装していませんし、そこまでのテストパターンも実施できていません。

計算結果などはある程度検証していますので、まぁ大丈夫だとは思っているのですが、完璧かと聞かれると完璧だとは言いにくいツールなんですね(;´∀`)

過去データの証拠金計算

円建て口座の場合でクロス円の計算をするだけならどんなレートでも問題無いのですが、ユーロドルなどの円以外のペアの場合、計算に複数の通貨レートが必要になってくるんです。

例えば、円建て口座でユーロドルの場合、ユーロドルとドル円が必要になりますし、ユーロポンドの場合、ユーロポンドとポンド円が必要になってきます。

これがドル建て口座の場合、ユーロポンドはポンドドルが必要になってきたりとする訳なんです。

しかも、時間軸を合わせたレートが必要になってくるのです。

具体的に言うと、1年前のポンドドルレートで計算するとなった場合、1年前のポンドドルと1年前のドル円のレートが必要になってくるのです。

データの事案軸がリンクしていないと、意味の無い計算になってしまうので、計算自体に意味が無くなります。

この辺はMT4のデータをデータベースに蓄積すれば問題無いのでしょうが、データ量が多くなれば遅くなったりもするでしょうし、今までに無い問題も出てくるはずです。

なにより、サーバーのスペックアップなどコストが掛かってくる可能性があるので、有料制にしなくてはいけなくなるかもしれません。

でも、証拠金計算ツールは無料で使って欲しいツールなんです。

ハイレバで少しでも多くの人に勝って欲しい、有料にすることで利用者が減ることも寂しいですし、有料にするお金をトレードに回して貰いたい。

というジレンマもあったりなかったり(・´з`・)

大幅改訂のプランを検討すると同時にこのタイミングで希望を募集します

いずれにせよ、今のままではメンテもしづらい計算ツールなので、何らかの手を加えるつもりでいます。

それに併せて、上記の要望以外にもこんなのが欲しいという要望があればコメント欄にでも希望を書いて下さい。

実現出来るかどうかはこちらで検討しますので、アイデアを出してもらえればより良い物が出来るかもしれません。

良い物が出来ればみんな喜んでくれるし、より使いやすいツールになれば本望です。

ということで、使いにくいよ!とかこうして欲しいあーして欲しいなどあれば、遠慮無くコメント欄に書いて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で