こんばんは、たかはしです。

とりあえずFBSでスタンダード口座を作ってみました。

はい、入金済みで100%ボーナス受け取り済みです(´∀`*)

で、次に入金保険に入ろうかどうしようかと言う所なのですが、いかんせんトレード保険という物に携わったことが無いのでどんなものかが分かりませんので、自分なりに調べて解釈しました。

下記はFBSの入金保険に関する規約です。

1.最低保険金額は$ 100です。最大保険金額は制限がありません。あなたはアカウント残高の10%から100%までいくらでも保険契約を結ぶことができます。
2.FBS会社が保証された資金を払い戻すには一番大切な条件:あなたが損失をして、それまでに保証金額によって必要なロットの数を取引した場合のみ。
3.損失というのはバランスが保証金額の10%以下になった時。
4.保険された口座にスプレッドは全部通貨ペアに1pipで広げています。そして金属のオーダーに1ロットで10$の手数料があります。
5.保証された口座で設定可能レバレッジの最高は1:500。
6.BTCUSDの取引ツールはキャンペーンに参加しません。
7.必要なロットの数の取引に掛かるお客様の時間は制限されてません。
8.ECN口座ロットは受け付けていません
9.お客様の取引が必要なロット数の50%以下の場合、損失をした時お客様のプロモーション参加は停止、取引をしたロットは消えます。
10.お客様の取引が必要なロット数の50%以上の場合、損失をした時保証された金額の部分が次の条件通りに払い戻しされます:
・お客様の取引が必要なロット数の50%-70%を取引した場合、損失をした時保証された金額の30%が払い戻しされます
・お客様の取引が必要なロット数の71%-90%を取引した場合、損失をした時保証された金額の40%が払い戻しされます
・お客様の取引が必要なロット数の91%-99%を取引した場合、損失をした時保証された金額の50%が払い戻しされます
11.クライアントが資金に保険を掛けた後、アカウントに入金をした場合、彼は保険金額をアカウント残高まで増やす権利を有します。
12.保証資金額を減らすことは不可能です。
13.お客様は保証されたトレーディング口座から出金できますが出金後のバランスが保証額以下になったらいけません。
14.必要ロット数が取引されるとすぐに、クライアントは個人エリアの”アカウント設定”セクションで1-pipスプレッド拡大をキャンセルすることができます。
15.保険事故が発生してクライアントが必要なロット量の≥50%を取引した場合、個人エリアのプロモーションページで「支払いをリクエスト」が利用可能になり、クライアントは支払いを取得するためのリクエストを送信するためにそのボタンを押す必要があります。
16.保証金額は条件確認後2日以内に払い戻されます。
17.お客様はいつでも保証をキャンセルできます。その場合は保証金額(あるいは保証金額の一部)は払い戻されません。
18.入金保証はセント、スタンダート、マイクロ口座タイプでご利用できます。
19.セント口座ではロットの必要量は普段の100倍です。
20.スワップは被保険者のアカウントには適用されません。
21.FBSはプロモーションキャンペーンの条件の全部または一部を変更または取り消す、もしくは当社の一方的な規定に従い事前の通知なしにいつでも活動を終わらせる権利を有します。


肝心なポイントは2番で必要ロット数の取引を行わないと出金が出来ないようで、17番では保証キャンセルはいつでも出来るけど出金は出来ないと書かれています(;´∀`)

9番に書かれていることは、必要取引数量の50%に満たない場合は保証対象外という事です。

さらに、保険加入するとトレードに1PIPS加算されてトレードが少し不利になります。

無料で利用できるトレード保険、どうやら甘い話ではなさそうです( ;∀;)

1回の入金で長期間に渡りトレードを行える人には良いかもしれませんが、入出金を繰り返す短期トレーダーにとっては利用価値は低そうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で