グランビルの法則とは

売買のタイミングを判断する手法として、過去何日(週)分かの株価の平均値を計算してグラフにした移動平均線を用いる方法があります。
この移動平均線は米 国のチャート分析家ジョゼフ・E・グランビル氏が発見したものです。
グランビルはレートと200日移動平均線の関連より、8つの法則を導きました。これがいわゆる「グランビルの法則」です。

granbiru

このページの目次

買いサイン

  1. 下向きだった移動平均線が、横ばいか上向きになり、株価が移動平均線を上に突き抜けたら買い
  2. 上昇している移動平均線を株価が下まわった(割り込んだ)ものの、ふたたび移動平均線を突き抜けて反発したら買い(押し目買い)
  3. 上昇している移動平均線の上で、株価が下落したものの、移動平均線に触れずに反発したら買い(押し目買い)
  4. 下降している移動平均線を株価が大幅に下まわり(割り込み)、乖離が大きくなったら買い(リバウンド狙い)
 

売りサイン

  1. 上向きだった移動平均線が、横ばいか下向きになり、株価が移動平均線を下に突き抜けたら売り
  2. 下降している移動平均線を株価が上まわった(越えた)ものの、ふたたび下落して移動平均線を突き抜けたら売り(戻り売り)
  3. 下降している移動平均線の下で、株価が上昇したものの、移動平均線に達することなく反落したら売り(戻り売り)
  4. 上昇している移動平均線を株価が大幅に上まわり(越えて)、乖離が大きくなったら売り
 

ザックリ纏めるとグランビルの法則とは押し目や戻り売りを図るための手法で、1〜3は順張りで4は逆張りとなります。

移動平均線がサポートやレジスタンスとして機能する前提ですが、多くの投資家は移動平均線を見ています。
よって意識するポイントは自然と似てくるので動きを予測しやすくなります。

200SMAがグランビル仕様ですが、それ以外でも有効です。
しかし、短期チャートではだましが多発するので、やはりある程度長期のチャートで利用するのが良さそうです。

最低15分足以上の時間軸で利用しましょう。トレンドの確認として日足でグランビルの法則を確認する癖をつけましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で